ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [カテゴリ]その他

読み終えた本、どうしよう…

[どなどな]  2014年01月31日 09時00分
みなさん、こんにちは。

今まで、電子書籍のお話を何度かこのブログでしてきましたが
実は、私も、まだまだ紙の本を良く読みます。

電子書籍の不便な点については
これまでのブログの記事でもお話していますので
そのような不満な部分を避けるために
紙の書籍を買うこともあるのですが
単純に紙をめくる感覚が好きだというのもあるんですよね。

さて、そんな紙の本ですが
読み終えると毎回ちょっとした悩みを抱えます。

それは…

読み終えた本、どうしよう…です。

とっても楽しい時間を提供してくれた書籍ではありますが
そう繰り返して読まないなぁ…と思う本もある訳です。

家に置いていても場所をとるけど、
だからといって本を捨てるのはもったいないな…
なんて、本の処分に悩むことがあります。

みなさんもそういった経験が、おありかと思います。

そんな時、利用していただきたいのが…

リユース文庫です!

リユース文庫とは、自分が不要な本を横浜市の図書館等に
あるリユース文庫設置場所に持ち込み、
その本を読みたいと思う、別の方が持って帰るという仕組です。

持ち込んだ本はごみに出さずに済みますし
その本を読みたい方に読んでもらえるのは良いことですよね?

私も利用したことがあるんですよ。

本を持ち込むだけでなく、
読みたい、おもしろそうと思う本を持って帰れるのが良いんですよね~

何より、本を無駄にせず、ごみとしない事が魅力です!


リユース文庫は各区の図書館などで行っているほか、
一部の区役所でも行っていますので
皆さんも利用してみてはいかがでしょうか。

取り扱っている場所や利用する際の注意事項は
下記のリンク先に書かれていますので、こちらをご覧下さいね。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/reuse-bunko/

年末の大掃除!

[つのでゅー]  2013年12月27日 13時00分
みなさん、こんにちは。


今年も早いものであと4日です。

ということは、あと5日後には2014年ですよ!!

…って当たり前ですね。


さて、みなさんご家庭での大掃除はお済みですか?

大掃除といえば、一年の垢を落として新しい気持ちで新年を迎えるという意味が現在は主流ですが、

江戸時代には「すす払い」と言われ、年神様をお迎えするため家を清める目的で行われていたそうです!

来年もまた良い一年でありますようにという願いを込めて、大掃除をしたいものですね♪

掃除と一緒に部屋や押入れの中にあるものを整理していくと、使っていない家具や着なくなった衣類などが

出てきたような経験ありませんか?


大掃除に限らずごみを出す際はリデュース、リユース、リサイクルの順に考えていくことで

ごみを減らすことができます。



まずは、本当にいらないのか考えてみましょう。

いらないけど、まだ使えるという物はリユースショップや

フリーマーケットを利用してみてください。

最終的に修理のしようがなかったり、他の人に再利用されるのが嫌だという方は、

きちんと分別してごみに出してください。

これから大掃除の方は、ぜひそういった意識をもって行ってもらえたらと思います。

また、もう大掃除が終わってしまった方も日頃の生活や次回の大掃除に意識をもって行ってもらえたらと思います。


ちなみに、大掃除も含めてごみの収集は12月31日から平成26年1月3日まではお休みになります。

粗大ごみ等の収集日程を掲載していますので詳しくは下記をご覧ください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/dashikata/nenmatsunenshi.html


最後に、今年一年間ヨコハマRひろばを通じて、3Rを中心にブログでの情報発信をさせていただきましたが、

不慣れなため、わかりづらい点があったかと思います。

来年は、皆さんに3R行動を実践していただけるよう、わかりやすい情報発信をしてまいります。

なお、毎週金曜日に記事を発行していますが、次回は1月10日(金)を予定しています。

お楽しみに♪

今年一年お世話になりました。

来年も「ヨコハマRひろば」をよろしくお願いします!

500!

[つのでゅー]  2013年12月06日 13時00分
みなさん、こんにちは。


突然ですが、タイトルの「500」、何の数字かわかりますか?

正解は…


3R夢サポーターの登録者数です!

平成23年4月より登録募集を開始した3R夢サポーターですが、

ホームページでの募集のほか、イベントなどの機会でも募集を行った結果、

500名の方にご登録をいただきました!


3R夢サポーターは、ただ登録するだけではなく、個人のみなさまに

ごみを減らすための取組や、アイディアをヨコハマRひろばホームページ上で

宣言していただいています。

http://www.r-hiroba.jp/supporters/


「マイボトルやマイバッグを持ち歩く」や、「ご飯を残さず食べきる」など

ごみを減らす取組やご家庭で行っているアイデアをみて、

多くの方がごみの削減に関心をもち、ご自分のライフスタイルでできることを

実践しているんだと感じました。

今後も、3R夢サポーターに登録することをきっかけに、ごみの削減を考え、

実践していただけるよう、登録拡大に向けたPR活動を続けていきたいと思います!

ブログをご覧になられた方で、まだ登録してない方は是非ご登録をお願いします。



なお、事業所や団体のみなさまには3R夢パートナーの登録をお願いしており、

3R夢サポーターと同様に事業所・団体内でごみを減らす取組やアイデアを

宣言していただくようになっています。

3R夢サポーターと共に、今後も登録募集を行っていますので、ぜひご登録お願いします。


3R夢パートナー・サポーター登録については下記をご覧ください。
http://www.r-hiroba.jp/supporters/touroku0.html

お買い物時はマイバッグを持参しましょう!

[つのでゅー]  2013年11月15日 13時00分
みなさん、こんにちは。


ご報告が遅くなりましたが、11月1日より全国のダイエーさん、グルメシティさんの

計293店舗で、環境保全のためレジ袋の無料配布中止を開始しました。


この取組はレジ袋を受取る代わりにマイバッグを持参してもらい、

配布しているレジ袋の削減し、資源の有効活用を図るものです。

その中でダイエー金沢八景店さんでは、1日から3日の期間で来店者の方に

マイバッグの配付を行っていましたのでご紹介します。



ダイエーさん、グルメシティさんではこの取組が始まる1か月程前から、チラシやホームページなどで

マイバッグの持参を呼び掛けていて、加えて金沢八景店さんでは開店前にマイバッグを

配付することを広報していたこともあり、多くの方が並んでいました。



店頭では、併せて神奈川県の方もレジ袋の削減を呼び掛けているティッシュの配付を

行っていて、私もヨコハマ3R夢!のぼりを設置し、来店された方にレジ袋の削減を

呼び掛けを行いました!


来店者の方にプレゼントされたマイバッグは、縦30センチ横45センチの大きさで、マチもついているバッグでした。



開店し、バッグを受け取った方からは、「今日から早速使います」や「こんなに立派なバッグがもらえるの?」など、

配付されたバッグを使ってもらえそうでした!

ぜひ、これからもマイバッグを持ってお買い物していただけたらと思います♪



マイバッグを持ってお買い物に行くことで、ごみになってしまうレジ袋を削減できてよいことですね!

なお、今回の取組を先行して行われていた店舗さんもあるようで、

なんとマイバッグ持参率が84%まで上がっているそうです。

みなさんもお買い物の際には、マイバッグを持って不要なレジ袋は減らしましょう!

ちなみにダイエーさん、グルメシティさんでは、マイバッグのほか、お買いものかごの販売も行っているそうですよ♪

詳しくは、こちらをご覧ください。

スーツの下取り

[つのでゅー]  2013年11月08日 13時00分
みなさん、こんにちは。

先日、屋外でキャンペーンがあったので、準備をしたところ…

「ビリッ」っと音がしました。

「…? 何か踏んだかな~」と思いましたが、何も踏んでいません。

しかしなぜかお尻がスースーするなと思い、手で確かめてみると…


あれっ?ズボンに穴があいてる…

しかも尋常じゃないほど大きな穴なんですよ!

実際に撮影してみました。こちらです。↓



このまま外を歩くのは恥ずかしいため、安全ピンで補強し、その日は過ごしました。。

お気に入りのスーツだし、まだまだ穿けるから修理にだそう!と思い、このスーツを買った

自宅付近にある洋服屋さんに持っていきました。

「このズボン、破けちゃったんで、修理してほしいんですけど…」と店員さんに伝えると、

「これは直せませんね。穴も大きいですし、この部分は直すことが難しいんですよ」と言われました。

まさかの修理不可の現実を受け、無性に悲しくなりました。。


しかたなく、修理はあきらめ、自宅に持ち帰ろうとしたところ、

「もし、よろしければ下取りさせていただきますよ」と店員さんに言われ、

詳しく話を聞いてみると、その洋服屋さんでは不要になったスーツやコート、

更にはネクタイやベルトなどの下取りを行っているそうで、他社製品や今回みたいに破れていても

下取りしてもらえるそうです。


また、下取りにだした場合、次回に利用できるクーポン券をもらえるそうで、私もいただきました♪

この下取りされたスーツやコートなどは、再資源化され車の断熱材やぬいぐるみの中綿、

建築資材にリサイクルされるそうです!

また、破れやほつれがなく、着れなくなったり古くなったりして下取りされたスーツの中には、

海外でそのままリユースされるものもあるそうです!



修理できなかったのはとても残念ですが、着れなくなったスーツがこのようにリサイクルされるのは、とても嬉しいことです。

しかもクーポン券までいただいちゃってちょっと得した気分です♪

今回、下取りをしてもらい、改めて感じたことは…

・まずは物を大切にすること(今度からは破れないように気を付けます…)

・もし壊れたり破れてしまった場合、直せないかを確認すること

・どうしても直せないものは、下取りなどで、ごみにならない方法を確認すること

(やむを得ず、ごみとして出す場合は、生地が破れていると、古布として出せません。燃やすごみに出してください。)

ごみを減らす取組が改めて大切なんだと実感する良いきっかけになりました。

「ウール スーツ・コート リサイクル2013キャンペーン」

[つのでゅー]  2013年10月15日 13時00分
みなさん、こんにちは。

今回は、高島屋さんで行われる、

「ウール スーツ・コート リサイクル2013キャンペーン」

ご紹介します!


高島屋さんでは、10月18日(金)から10月20日(日)まで、

横浜店、港南台店それぞれで衣類の回収を行っているそうです。

対象は、ご自宅で不要になった

ウール素材60%以上のスーツ、コート、スカート等の衣類

高島屋さんに直接持っていくことで、新たな自動車の断熱材や

海外製造の防寒着にリサイクルされるそうです。

また、衣類は高島屋さんで購入したものでなくても対象となっています。

実際に衣類をお持ちいただきた方に古布からうまれた軍手を

1人につき1組いただけるそうです。

高島屋さんでは、2004年からこの取組を行っていて、

今回で10回目になるそうで、過去の9回で約24,000着が集まり、

リサイクルされたそうです。


みなさんはもう着ていなかったり、着られないウール服はありませんか?

新しい洋服を買う際に、そういった洋服を回収してもらうことで、

リサイクルされ、新しい服の置き場も確保できたりと、

良いことばかりですね♪

ぜひ、ご利用してみてください。


また、詳細は下記ホームページをご覧ください。

http://www.takashimaya.co.jp/store/special/recycle/

小型家電のリサイクル

[つのでゅー]  2013年10月11日 14時34分
みなさん、こんにちは。

突然ですが、みなさんはご家庭に壊れていたり、使っていない家電はありますか?

私は、現在使っている携帯ゲーム機の調子がよくなく、大切に何年も使用している

ため、そろそろ買い換えようかと考えています。

そこで、不要になった場合に備え、分別の仕方として横浜市では乾電池は外して出し、

プラスチック製品で50㎝未満のものは燃やすごみとして出すのですが、

先日横浜市で小型家電の回収を始めたので、詳しい内容を調べてみました。


どういった内容か、少しばかり概要をお伝えすると…

横浜市では、今までリサイクルされずに廃棄されていた、

小型の家電に含まれるレアメタルや貴金属などの有用金属を、

各区役所や収集事務所、各区で行われている区民まつりに設置されている

小型家電専用回収ボックスに出すことで、有用金属を廃棄することなく、

リサイクルすることができる取組です。



私の知人は、既に使わなくなった音楽プレーヤーがあるそうなので、

実際にイベントで小型家電を回収している港南事務所3R夢フェスタに行ってきました♪

実際に回収場所はどこかな~と探していたところ、ありました!




かわいいピンクのボックスに小型家電回収ボックスと書いてあるボックスです。

また、のぼり旗も設置されていて、「小型家電製品を回収しています!」と書いてあり、

とても目につきやすいよう工夫がされていました。


早速ですが、私の知人が持参した音楽プレーヤーを回収ボックスにいれます。 




先ほどお伝えし忘れましたが、実際にどのような家電が回収できるのかといいますと…

回収ボックス投入口の30㎝×15㎝に入る長さ30㎝未満の

電気や電池で動く製品
です。

ただし、電球や蛍光灯、パソコンは対象外です。

なので、考えられる製品として、携帯電話、携帯ゲーム機、USBメモリ、デジタルカメラ

など様々なものがあります。

また、出すときの注意として、携帯電話など個人情報が含まれるものは、

個人情報を消去してから出すことや、電池類は取り外してから出すこと
などがあります。

詳しくは横浜市資源循環局のホームページをご覧ください。


環境省によると、日本で一年間に使用済みとなる小型家電は年間65万トンになり、

その中に含まれる有用金属は28万トンもあるそうで、これは金額にすると、なんと844億円にもなるそうです!

この28万トンを横浜市では燃すごみとして廃棄し、他都市では不燃物や粗大ごみとして回収されているそうです。

現在はモデル事業としての取組ですが、今までは、燃やすごみとして、廃棄物になっていたものが、

小型家電の回収にだすことで、その中の有用金属が資源としてリサイクルされれば、

燃やすごみの量も減り、燃やしたごみの灰を埋め立てる埋立処分場を長く利用することができます。

とても良い取組だと思います!


この取組は10月から開始したもので、横浜市はモデル事業として来年の家電の回収を行3月末まで行われます。

区役所や収集事務所でも回収を行っていますが、10月は3R推進月間ということで、

各区の区民まつりなどでも小型家電の回収を行っています。

どのようなイベントで回収ボックスが設置されているかも掲載されていますので、

こちらをご覧いただき、イベントを楽しみながら、ご自宅に不要な小型家電がある方は、

小型家電を出してみませんか?

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/dashikata/koden.html

簡単に分別できる傘2

[つのでゅー]  2013年09月27日 13時00分
みなさん、こんにちは。

前回は簡単に分別できるビニールジャンプ傘「ECOORDI」

(エコーディ)
を紹介しました。

この傘は、石突き(傘の上にある出っ張ったところ)と手元(傘を持つところ)と

生地を簡単に分解できる傘です。


その1をご覧になっていないかたは、併せてご覧ください。

その1


今回は、実際に分解した様子をご紹介します。


早速ですが、まずは石突きを分解してみます。

1、石突きの部分を時計回りに回してみると…



2、簡単にとれました~♪




次に手元を分解してみます。

1、手元に小さな穴がありますので、そこをボールペンなどの先が細いもの押すと…



2、小さい部品が飛び出してきます。



3、部品を抜き取り、その後、手元を引き抜くと…



4、外れました~こちらも簡単です♪



最後に生地を外してみます。

1、骨の先端に骨と生地を合わせる部分が8か所あるので、一つずつ外していきます。



2、石突きの部分からビニールを引っ張るだけで外れました!


これで、骨と石突きと手元と生地に分解できました。

一般の傘だと分解しにくい、石突きの部分や手元の部分を、

この傘は燃やすごみに分別することができます。

骨をリサイクルする際に、不純物が混ざらないのはとてもよいことですよね♪



その他にも、この傘はすばらしいところがあるんです!

簡単に分別ができる他に、個々の取り替えパーツも販売されています。



日本では年間約5000万本ものビニール傘が、出荷から1年以内に捨てられているそうです。

その中には壊れて捨てる方も少なくないと思います。

この傘は壊れても買いなおさず、パーツのみの取り替えで同じ傘が使えるんです!

素敵なことですね♪

他にも取り替えパーツは色のバリエーションがあり、ビニール傘って見た目が同じで、

お店などの傘置きにおくと、自分のがどれだか分からない…ということも、パーツを取り替えるだけで

自分の好きな色の傘にアレンジすることができ、他の傘との見分けがつきやすくなります!





紹介した「ECOORDI」(エコーディ)は、サンクスさんやオンラインショップで販売されているそうです。

今回は、簡単に分別ができて、お気に入りにアレンジできる傘のご紹介をしました。

傘に限らず、物を大切に長く使うことを心がけていきましょう♪

簡単に分別できる傘1

[つのでゅー]  2013年09月20日 14時32分
みなさん、こんにちは。


先週末は台風18号が日本列島を縦断し、各地で大きな影響を与えました。

数十年に一度の大雨となる恐れが大きい際に発令される、大雨特別警報が

国内にも初めて発令されました。

また、テレビでも多くの番組で台風に関するニュースが報道されていました。

外出しないで、自宅にいるのがよいとは思いますが、

どうしても外せない予定があり、雨も風も弱まったので、レインコートとちょっと深めの

丈の靴を履き、万外出しました。

すると、道のあちこちで、こんなものを見つけました!





それは、です。

台風の影響で無残にも壊れてしまった傘が道端のあちこちに捨てられていました。

1本や2本ではなく、徒歩10分の距離に10本弱はありました。

外で傘を使用して壊れてしまうことは、もちろんあります。

傘の用をなさないから、持っていると邪魔という気持ちもわからなくありませんが…

でも、壊れたからってそのままポイっと道端などに捨ててしまうのはよくありませんよね。

もしかしたら、その捨てた傘が風に飛ばされ、他の方が怪我をするかもしれません。

それに、私の感想ですが、傘の骨が折れても、傘の生地だけである程度は雨を凌ぐことが

できると思います(笑)。

何はともあれ、外出先で傘が壊れてしまっても、外には捨てず、

ご自宅で分別してから出しましょう!



でもでも、家に持って帰ったところで、傘を分別するのって大変ですよね。。

横浜市の分別ルールでは、傘の生地のビニールや布は骨から外して燃やすごみへ、

残った傘の骨の部分は小さな金属類へ分別するのですが、生地を外すのも大変だし、

骨と一緒にくっついている石突き(傘の上にある出っ張ったところ)や

手元(傘を持つところ)は骨から外すのは難しいので、しょうがなく骨に

ついたまま小さな金属類として出すしかないし…

もっと簡単に分別できる傘ってないかな~とインターネットで

検索してみたところ…


あっ、ありました!

これです↓




これは分別できるビニールジャンプ傘「ECOORDI」(エコーディ)という傘です。

一見、よくあるビニール傘と変わりませんが、分別がしやすい工夫がされています。

具体的には、石突き(傘の上にある出っ張ったところ)と手元(傘を持つところ)と

生地を簡単に分解できる傘なんです。


ということで、実際に購入し、使ってみました!

次回は、使ってみた様子をお伝えいたします。

お楽しみに♪

ヨコハマライブラリーカフェ

[つのでゅー]  2013年08月23日 13時00分
みなさん、こんにちは。

今回は、図書館でのリデュースの取組について紹介します。


西区にある中央図書館では、「ヨコハマライブラリーカフェ」という

取組を行っています。

これは、様々な学術分野で活躍する方が、研究成果を解説するとともに、

図書館にある資料を紹介していて、難しいイメージを持つ

「研究」の面白さを感じることができる取組です。

そのなかで、場を和ませる雰囲気づくりや気分をリラックスさせるために、

おいしい紅茶を提供しています。

その紅茶をいただくために、中央図書館では…

参加者される方には必ず、マイカップを持参するよう

呼びかけています。

マイカップを持参することで、紙コップなどの

使い捨て容器を使わず、ごみの出ないリデュースの取組が行われています。


このように、図書館にマイカップを持参してごみを出さないようにするように、

私たちのライフスタイルには、ちょっとしたリデュースの取組を取り入れる機会が

あります。

一例として、ペットボトルをマイボトルに替えて出かけることも

ごみを出さない大切なリデュース行動の一つです。

みなさんも、身の回りのちょっとしたことからリデュース行動に取り組んでみませんか?


なお、ヨコハマライブラリーカフェの開催日時や参加方法等

については下記をご覧下さい。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chosa/librarycafe.html#librarycafekako
最新  前の10件  ... 3  4  5  6  7  8  9  10 ...  次の10件