ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [カテゴリ]その他

細かな分別は大変ですが…

[きむ]  2014年10月17日 17時40分
先日、我が家のごみ箱検査をしていたらこんなものが見つかりました。
 

紙を切って、余った切れ端です。
本を読んでいた家族に聞いてみると…

「これだけ小さければ燃やすごみ」

と、謎の理屈を振りかざし、平然と本を読み直し始めました。

「……………………………」(理屈が謎すぎて返す言葉がありませんでした)
 
さて、
 
みなさんはお分かりかと思いますが、これは…

ですよね!
 
これくらい小さな紙でも、ちゃんと「再資源化(リサイクル)」することはできます!
(汚れた紙、銀紙、内側がアルミ製の紙パック等、リサイクルに適さないものもあります。詳しくは、横浜市のホームページで確認してください↓↓↓)
 http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-data/pamph/wakedashi/pdf/pamphlet06.pdf 



このように、紙袋等にまとめて横浜市資源集団回収等へ出せば、しっかりとリサイクルの対象となって生まれ変わるのです!
 
また、その他にも…
 

のような、お店でもらえるレシートや…

 

トイレットペーパーの芯なんかも、燃やすごみとして捨てられがちですが、袋等でまとめて出せばしっかりとリサイクルすることが可能なんですよ!
 
少し手間がかかって面倒かとは思いますが、小さな紙等もしっかりと分別していただき、横浜市の3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進のため、みなさんもご協力をお願いします!
(家族にも私からきつく言い聞かせておきましたので)

マイボドルスポットに新たな動きが!

[きむ]  2014年09月22日 06時11分
はいこれです!!(唐突)


「なんだ、今日はマイボトルの紹介か」
と思われますよね??
 
………そんなことはありませんよーー!!

すでに普及しつつあるもの
紹介するほど、私は手を抜いてはいません!(笑)
 
今回紹介したいのはこちらです!
 

(最初からこの写真を載せてと思った方にはすみません!)
みなさん、こちらは何かご存知ですか?
こちらはマイボトルスポットのポケット型MAPです。
 
これまで「Rひろば」上でしか検索できなかったマイボトルスポットを、マップ上でも調べることができるよう新たに作成されたのです!

見た目はコンパクトでとても地図には見えませんが、展開すると…
 

 

 このように市内のマイボトルスポットを一挙に見回すことができます


アップで見るとこのようになり、マイボトルスポットのおよその位置を確認できます。

ウェブ上のマップに比べ、画面展開をして検索する必要がないことポップなイラスト調になっているため、「使いやすさ」と「親しみやすさ」を兼ね備えた便利マップです!

休日にご家族とこのマップを携帯し、散歩がてら「マイボトルスポット巡り」などをすれば、3R(リデュース・リユース・リサイクル)に貢献できる上、歩くことで健康促進にも効果的ですよね!

ちなみに反対の面は…



のようになっていて…


アップで見ると、個々のマイボトルスポットの詳しい住所が記載されています。右端に水色の丸がありますが、これは提供してくれる飲み物の種類を示していて…


マップ内で飲み物の種類を確認することができます(水色はお水ですね)
 
こちらのマップは、9/16(火)から、市庁舎や区庁舎等にて順次配架され始めています。みなさんも一冊手に入れて、ウォーキングやお散歩の際に活用してみてはいかがですか?

「手つかず食品」の削減方法

[きむ]  2014年09月17日 11時41分
「手つかず食品」についてご存知ですか?
 
「手つかず食品」というのは、何も手が付けられずに廃棄されてしまう食品のことで、横浜市では年間約2万トンもの「手つかず食品」が家庭から捨てられてしまっています。
 
みなさんもご経験があるかと思いますが…
 
「あ、この前買ったお肉、消費期限が過ぎてる!」

のように、「冷蔵庫内の食材管理が不十分で、やむなく捨ててしまった」というご経験があるのではないでしょうか?
私も先日、冷蔵庫の奥からいつ買ったのかわからない野菜(?)らしきものを見つけ、黙って3秒ほど目をつむりましたし…

そこで!
 
今回は、そういった「手つかず食品」を出さないための便利グッズと使い方についてご紹介していきたいと思います!!
 

まずは
これ…
 

 
書き消しのできるマグネットボードです!
これを冷蔵庫に貼って、例えば…



のように、冷蔵庫内で期限が近いものを書き出すことで、食材の使い残しを減らす方法や…



のように、次回買うべきものを書き出しておいて、余分なものを買わない(捨ててしまうしれない食材を買わない)ようにする方法などが考えられますね?
 
マグネットボードなら書き消しも楽ですし、よく100円均一ショップなどで販売されているので、簡単に実践できますよ!
 

次に
こちら…



少し写真がしんみりしていて可哀相な感じですが、「クリップ付マグネット」です。
クリップ部分にを挟んで、冷蔵庫内の食材を管理します。
 


マグネットにいらなくなったチラシ等(新品の紙はもったいないので)を挟んで使います。
今回は、左側に「期限間際」の食材を。右側に「次回買う物」の食材など書いています!
 


あとは、実際に使用した食材に横線を引いて管理なんかすると、使い勝手もよいですし…
 


マグネットの上に、ペンを置いておけば意外と便利です!
このマグネットは、ペン置き付きではないのですが(うまい具合に置けたので置いているだけ)、商品によっては、「ペン置き付マグネット」なんかも販売されていますので、探してみてください!
 
 今回は、マグネットを利用した食材管理方法をご紹介しましたが、他にも管理できる方法は様々ですので、
自分なりに工夫をして、「手つかず食品」を減らすよう心掛けてみてはいかがですか?

食品ロス削減啓発動画もご参照ください!!視聴はこちら↓↓↓
http://www.r-hiroba.jp/news/detail.php?id=163
 
 
 
 
 
 

3R貢献  便利グッズの紹介(2)

[きむ]  2014年09月12日 07時40分
前回に続き、3R関連グッズを紹介します。
 
今回はこちら…


これらは、お弁当のおかずなどを詰めるカップです。
「それじゃあ使い捨てで、3R(リデュース・リユース・リサイクル)に貢献できないよ?」
と思われますよね?
 
……いえいえ、なんとこれは洗って繰り返し使えるカップなのです!
 
通常、お弁当などで利用されるカップは、アルミ製や紙製のカップですよね?
そのため、一度使うと「切れてしまったり」「形が崩れてしまって」捨ててしまう方が大半だと思われます。
 
ところが…
 
今回紹介するカップはシリコン性

そのため…

アルミ製等のカップに比べると耐久性が高いので、洗って繰り返し使うことが可能です。
つまり、ごみのリデュースに貢献ができます。

しかも、耐熱温度が280℃なので、電子レンジやオーブンで加熱することなんかもできてしまう便利さ!(お菓子なんかを作るのにも利用できるようですよ)
 
これは是非ともみなさんにもご利用いただきたい!
(前回からグッズのPRをしていますが、企業の営業ではありませんよ!笑)

ただし!
 
残念ながらマイナスポイントもあります。
まず、使い捨てのカップとは違い、自分で洗うという作業等が発生してしまうので手間はかかります。
また、シリコン性なので独特の匂い等が気になるということがあるかもしれません。
 
しかし、この記事を読んでいるみなさんは全員、ごみの3Rに貢献しようと努力している方々(ですよね?笑)。
そういった一手間の先に、ごみの削減が実現されるのなら全く「苦」など感じませんよね??………感じませんよね!!笑
 
というわけで(無理矢理)、
 
みなさんも明日から、繰り返し使えるシリコンカップの利用を検討してみてはいかがですか?

3R貢献 便利グッズの紹介(1)

[きむ]  2014年09月09日 07時06分
今回は3R関連グッズの紹介をします!


みなさんは、こちらが何かご存知ですか?
こちらは、「マイカトラリー」という商品です。
 
そもそも、カトラリー(英語:cutlery)というのは、「フォーク・スプーン・ナイフなどの食事の際に使用する食器の総称」というのがざっくりとした意味なのですが、こちらは持ち運びができるプラスチック製の組み立て式携帯食器です。
 
使い方は3種類ありまして、組み立て方により…
 

箸や…


フォークや…


スプーンとして使うことができます!
 
箸・フォーク・スプーンと様々な使い方ができ、持ち運びが可能なので、
コンビニ等でごはんを買う時に、不要な割り箸などをもらわなくても済みます!


つまり、ごみのリデュースに貢献できますね!!
 
私も実際に使っていまして…

こんな風に、昼ごはんを食べていますよ!
(念のためお伝えしますが、ごはんの中身は一応「リゾット」です)
 
個人的な感想ですが、柄の部分(青いパーツ)と先端部分(黒いパーツ)の結合もしっかりしているので、食べることに不自由はありません!そして、ごみが出ないので、なんだか得をした気分にもなります!(笑)
 
もちろん、使い捨ての割り箸やスプーン等とは違い、自分で洗うなどの手間がかかることや、繰り返し使うので衛生的な面では負けてしまいますが(汗)
 
みなさんもご興味がある方は、ご利用してみてください!
 
 

ヨコハマ3R夢 広報大使 横浜Fマリノス!

[きむ]  2014年08月25日 17時17分
みなさん、こんにちは。
 
 
8月9日(土)、ヨコハマ3R夢(スリム)」の広報大使として活動いただいている横浜Fマリノスの選手の方々を応援するため、横浜国際競技場へ対柏レイソル戦の試合を観戦に行きました!
 
試合については、マリノスさん先制する展開で進んだのですが、後半に追いつかれ残念ながらドローという展開に
我々の、気合が足りなかったのかもと反省しました…
 
さて、
 
結果は勝利で飾れなかったのですが、試合の合間には広報大使として3RのPRをしていただきましたよ!
それがこちら…


 
すみません、ピンクのPRフラッグなんですが少し小さいですね(汗)過去の写真ですがもう少し見えやすいものがあります。


 
こちらは、マイボトルスポットのPRフラッグです。
 
「マイボトルスポット」というのは、マイボトルへの飲料の販売やお水の無料提供を行ってくれる横浜市市内の店舗や施設のことです。
横浜市では、ペットボトルなどの飲料容器を減らしていくために、マイボトルを持参しやすい環境づくりを進めていまして、現在市内で300箇所以上のマイボトルスポットがあります。
 
マイボトルスポットの取組はこちら↓↓↓
http://www.r-hiroba.jp/torikumi/bottlespot.html
 
横浜Fマリノスさんには、試合のハーフタイム中に、マイボトルポットのPRフラッグを出していただいているんです。
コートの外周を一周回っていただいているので、サポーターの方の目にもしっかり止まっていることと思います!
みなさんも、観戦に行かれた際は、是非ご注目ください!

もちろん、スタジアムへお越しの際は、マイボトルも持ち歩いてくださいね!
 

ワールドカップと、ごみのマナーと、香川選手

[きむ]  2014年08月01日 12時00分
みなさん、少し遅いですがワールドカップが終わりましたね!!(笑)
 
毎年ワールドカップの時期になると様々なニュースが流れますが、
個人的に引き寄せられるものがありまして、
それは「渋谷スクランブル交差点」の映像です。

信号機が青になるや否や、一斉に駆け出す若い方々と、
それを制止しようと準備している警察官の方々(興味のある方は調べてみてください)。
日本人は、世界に比べると落ち着い民族性があるように言われますが、
この映像を見ると「日本人も世界には負けてない」と思ってしまいます。

もちろん、一線を越える行動はだめですが(苦笑)

 
さて、今回は別に「日本人ってどんな民族?」とか「日本は何故負けてしまったの?」とか
「香川真司選手はマンチェスターユナイテッドに残れるの?」とか、そういう記事を書きたいわけではなく(笑)
日本人サポーターが、初戦敗戦後にスタジアムのごみを拾っていたというニュースを紹介したいと思っております。
 
みなさんも、ニュース等で目にされていると思いますが、
日本人サポーターがスタジアムのごみを拾うシーンが放送され、
世界的に高く評価されています。世界のサポーターの中には、自国が
敗戦して大暴れする人もいる中(勝っても暴れますが)、

日本人のマナーが評価されたのは誇るべきことですね!

 
今回このニュースを紹介したのは、別に「明日から町のごみを拾いましょう」と言いたいわけではなく、
そのマナーの姿勢に学ぶべきものがあると思ったからです
 
ごみの分別や不法投棄、ポイ捨てなど、残念ながら市内でも
マナーの悪さが話題になることがあります。
ルールを守ることで、個々人に目に見えるメリットはないように見えますが、
一人一人のマナーの姿勢が向上することで3R(リデュース・リユース・リサイクル)が
推進されるのだと思います
。せっかく日本のマナーの良さが世界でも
評価されたので、我々も日ごろの生活に反映できるよう見習っていかなければならないですよね!!
 
ということをお伝えしたかったのです。
 
今回は、若干「諭し」のような物言いになってしまい申し訳ありませんが、
可能であれば、みなさんも自分のマナーについて考えてみてくださいね!
 
あと、香川選手がマンチェスターユナイテッドに残留できるよう祈りもお願いしますね!(笑)

3R夢(スリム)パートナーの取組紹介(2)

[きむ]  2014年07月02日 12時00分
前回の続きです。

3R夢(スリム)パートナーに初の薬局さんからの登録申請があり、取材訪問したところまでお話ししましたね。今回は、その中で特に印象の強かった「粉薬分包紙の分別啓発」について紹介させていただきます。まずは、粉薬分包紙の写真をご覧ください。
 



 

写っているのが粉薬分包紙(粉末のお薬などを入れるプラスチック製の袋)です。
「プラ」のマークがありますね?
3Rの啓発のためプラマークを表示し、分別の呼びかけを行っているそうです。
 
しかも、
 
この表記をすることには、分別啓発以外にもう一つ狙いがあります。それは…
 
「プラマークの表記に患者様が目を向けることで、薬の飲み忘れや飲み残しがないかも確認してもらいたい」
 
という願いを込めているそうです。どうゆう意味かといいますと…

例えば、粉末薬を飲んでいる患者様がいたとします。自分ではお薬一回分全て飲み干したと思い、分包紙をごみ箱へ。ところが、よく見ると分包紙内には少しお薬が残ったまま。
このような患者様は少なからずいるかもしれませんよね?

ところが、薬の分包紙にプラマークが付いていて、分別するよう啓発をしていれば、分包紙を捨てる前に袋そのものを再度見直すきっかけになりますよね?
その結果、飲み残した粉末薬に気づき残った薬を飲みきる、ということにつながるかもしれません。
 
つまり、

ごみの分別意識を啓発=お薬の飲み残し防止という効果が出てくることになります。


その意味で…
ごみ分別の意識啓発によって、患者様の健康に貢献できるとも言えますし

さらには言えば、

「患者様の健康」と「ごみの削減」という「人」にも「環境」にも貢献できる取組とも言えます。

 
 
最初お話を聞いてからこの仕組みを理解するまで、少し時間がかかったのですが、理解できると素晴らしい取組だと感心してしまいました。ご自分たちでお考えになって実践していらっしゃるあろま薬局さん、すごいです!
 
これまで薬局さんでの取組についてPRする機会は残念ながらなかったのですが、今回のように見本となる取組を見つけるためのアンテナを張り、良いものは全力でPRしていかなければならないと思った一日でした。
 
明日からみなさんも、薬局でいただいたお薬を服用した後は、プラマークがないか確認してみてください!
その意識が自身の健康につながるかもしれないですよ??
 
 

3R夢(スリム)パートナーの取組紹介(1)

[きむ]  2014年06月27日 12時00分
みなさんこんにちは。
先日、ホームページ「(リデュース)ひろば」内での出来事が発生しました!
3R夢(スリム)パートナーに初めて薬局さんからの新規登録申請があったのです!!
 
現在、「Rひろば」のパートナー登録をしていただいている事業者・団体は、およそ90にのぼります。その中で、薬局さんに3R夢パートナーとして登録いただいたのは、今回が初めてなのです!!
(Rひろば内「団体種別・業種」→「薬局・薬店」で検索いただければわかると思います)
 
そんな貴重な機会を逃すわけにはいかず、

「是非とも取材をさせていただきたい」

と、あろま薬局さんにご連絡。お時間をいただけるということで、あろま薬局さんへ向かいました。地図を片手に登録いただいている住所を探すと、見えてまいりました。




待ち合わせ時刻ぎりぎり(いえ、おそらく若干過ぎてしまっていました…)というのもあり、「ゼーハーゼーハー」しながら到着したのですが、とても暖かく迎え入れていただきました(あろま薬局さん、本当にありがとうございます)。
 
中に、入りますと早速見えてきたのが、3Rに関する啓発パネル。



3R(リデュース、リユース、リサイクル)に関しそれぞれ一つずつ取組をされているようで、

①リデュース=お薬ecoバッグの推奨
②リユース=水薬ボトルの再利用
③リサイクル=粉薬分包紙の分別啓発
と、ごみの減量に取り組んでおられました。
 
次に、特に印象の強かった、③粉薬分包紙の分別啓発についてご紹介したいのですが、
記事が長くなるので続きはまた次回掲載させていただきます!
 

「レジ袋お付けしますか」をやめます

[nayuta]  2014年06月13日 09時00分
 スーパーのレジでよく「レジ袋お付けしますか」と聞かれますが、
私がよく行くお店では最近この問いかけを聞かなくなったのです。

 あれ?なんか変わったなと思っていたら、原因はそれでした。

 聞かれるのを待っていると、聞いてくれないのでレジ袋を付けられてしまいます。
マイバッグを持っているので、あわててレジ袋いりませんと言うのですが、店員さんに
二度手間をかけてしまいます。
申し訳ないので、先に意思表示をしなければなりません。

 そこでよく見ると「レジ袋不要です」と書かれたカードが新しくなって
レジ横にかかっているではありませんか。今までのよりしっかりした
つくりになっています。なんだかお店の本気度が伝わってきます

       


 でもなんで問いかけをやめてしまったんだろうと思って、お店の人に聞いてみました。
「エコマーク認定店舗になったこともあり、お客様から積極的にいらないとの意思を
表示してもらうようにしました」とのこと。

 そうそう、そう言えばこの店舗、以前紹介した「エコマーク認定店舗」でした。
お客はこのカードでレジ袋を辞退することで環境に良い活動をしたことに
なるのですね。確かに、自分からすすんでレジ袋を辞退した気がします。

 小さな一枚からですが、たくさんの人が辞退すれば大きな結果になりますね。
では、今日もマイバッグを持ってお買い物に行きましょう。
       
最新  前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8 ...  次の10件