ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [カテゴリ]その他

夏休みの宿題にいかがでしょうか?

[若。]  2015年08月24日 15時00分
 夏休みも終盤になり、そろそろ夏休みの宿題に追われる人も出てくる頃でしょうか。
 (ちなみに私は夏休み最終日になってから焦るタイプでした)
 
 夏休みの宿題、といえば真っ先に思い浮かぶのが自由研究。
 テーマを決めて、それについて研究する……まずテーマを決めるというところでつまずくのは私だけではなかったはずです。
 
 そんなことを懐かしんでいたら、面白いサイトを見つけました。
 
 環境なぜなぜ110番
 http://kids.gakken.co.jp/kagaku/eco110/index.html
 
 環境のことについて、子どもたちからの質問に答えてくれるサイトです。

 もちろんごみやリサイクルについても質問もあって、探してみると『ごみは、どうして分けて出さなければいけないのですか?』『3Rとは何ですか?』という質問に対しての答えも載っています。
 子供向けのサイトなので質問の答えも分かりやすく、大人が読んでも「なるほど」と思う内容でした。
 
 この機会に家族みんなでサイトを見て、3Rについて考えてみるのはいかがでしょうか?
 もちろん、夏休みの宿題も忘れずにね!

使用済み割りばしのその後は…

[nayuta]  2015年08月14日 15時00分
最近、割りばしではなく塗りばしを置く店が増えていますが…

林野庁によると、日本での割りばしの消費量が減少しているそうです。

以前は、250億膳前後で推移していたものが、
平成19年以降は減少傾向となり、
平成22年は194億膳となりました。
これは一人当たり年間約150膳使っている
換算となります。

確かに塗りばしを置く店も増えているようだし、
マイ箸を持ち歩く人も増えた(はずだ)し…
減っているのも納得!?

さて、使用済みの割りばし、
リサイクルできることを知っていますか。

なんと、紙の原料として利用されているのです。

この取組をしているのは、王子グループ。
使い終わった割りばしを回収し、紙の原料の一部とし、
コピー用紙、上質紙、ティッシュなどに活用しています。

もちろん原料すべてになっているわけではありませんが、
仮に割りばしだけを原料として製品を作ったとしたら、
割りばし約2500膳でボックスティッシュ15箱、
割りばし3膳ではがき1枚になるそうです。
すごいですね!

イベントなどでは、リユース食器や塗りばしを使う方が
おすすめですが、もし割りばしを使うのなら、
こんなリサイクルも考えてみてはいかがですか。

http://www.ojiholdings.co.jp/sustainability/social_contribution/chopstick/index.html

冷蔵庫の上手な使い方

[nayuta]  2015年07月31日 12時00分
冷蔵庫には、たくさんの扉があります。
野菜室、チルド室、冷凍室……
製品によっても呼び方が違うようで。

名前が違うということは機能も違う???
ということで、今回はそれぞれの特色を紹介します。

まず一番使うのは「冷蔵室」
温度帯は3~5℃。残ったお惣菜やサラダ、
デザートなどを入れておくのに向いています。

この季節、活躍するのは「冷凍室」
温度は約-18℃。アイスには最適ですね。
多めに買ってしまった食材も、
長期保存したいときはここを利用。

「野菜室」には、もちろん野菜。
5~7℃と他より高めの温度になっています。
野菜のほかにも、果物やドリンクを入れておくのに
向いています。

肉や魚は「チルド室」。約0度です。
ヨーグルトや練り製品に、なんと漬物などの
保存にも適しているとか。

チルド室に似ているけど、異なものは、「パーシャル室」
凍っているのか、いないのかというイメージがありますが、
温度は約-3℃。肉や魚をわずかに凍っている状態で
保存できます。

それに対して「氷温室」は、温度約-1℃。
凍らない状態で保存でき、刺身や肉、魚などに
適しています。

そして、「ドアポケット」。調味料やドリンクを入れるという
イメージですが、やはり温度が6~9℃なので、
卵などあまり温度に左右されないものに向いています。

冷蔵庫内のそれぞれの特徴を活かして、
食材を上手に保存して、おいしく食べきりましょう。

リメイクで素敵な服に

[nayuta]  2015年06月26日 12時00分
小さくなった服や古くなった服、どうしてますか?

地域の資源集団回収にだして
リユースやリサイクルをするのも一つの方法ですが、
今は、リメイクが流行っているようです。

デザインが古くなってしまったものも、
最近の流行にあわせて直せば、
また、着る機会が増えますよね。

ブラウスとスカートを合わせてワンピースにしたりとか、
デニムを細身にして格好よく着こなしたりとか。
いろいろなことができそうですね。

もう着ない大人のTシャツを子供用にリメイクしたり
することもできるそうです。
ビーズやラインストーンで飾るのも素敵に仕上がりそう。

捨てる前に、何かにできるかを考えてみませんか?

本の木

[nayuta]  2015年06月12日 17時00分
再びの登場です。

NHKの「世界ふれあい街歩き」。
今回はドイツのベルリンの街歩きでした。

東西統一後、学生やアーティストが
集まってきたというこの地区には、
扉のついた変わった街路樹が

おじさんが扉を開けて、木に何かを入れています。
反対側には、小さな女の子とお父さんが。
手に何か持っています。

実はこの街路樹、本棚になっているのです。
近所の人がいらなくなった本を木の中に入れて、
欲しい人が持っていく。
本の貸し借りができる場
なのです。
さきほどの女の子は、夢中で絵本を眺めています。

この木は「本の木」と呼ばれているそうです。
街の中にこんな場所があるなんて、素敵ですね。

私たちも不用になったものを、譲る方法を
知っておくとよいですね。

最近では、アパレルメーカーやショップで
服を回収してくれるところもありますね。

本ならリユース文庫を利用しましょう。
ベルリンの街のように
素敵な本が見つかるかもしれません。

リユース文庫
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/reuse-bunko/




くっつくトレイ

[nayuta]  2015年04月10日 12時00分
トレイパックに入ったハムやソーセージ、
一度開けてしまうと、乾燥との戦いが始まります。
(ちょっと大げさですが)

ラップでくるんでおいたりするのだけど、
ラップがもったいない気がするし、
かといって、乾燥したハムの端っこを
切り捨てるのも気がひけるし…
と日々思っていたら、
これを解決してくれるトレイパックがありました!

開けても、その部分を手で押さえると
再びくっつくというものが!
プリマハムが採用しているそうです。
これなら、乾燥を気にしてパックを
少ししか開けられず、ハムが上手に取れな~い
なんてこともなさそうです。

ちなみに伊藤ハムの商品には、
パックの端に貼るシールが付いていました。

しっかり保存をして、食べきりましょう。

プリマハムのホームページ
http://www.primaham.co.jp/special/futapita/

  

ちょっと油断!

[nayuta]  2015年03月25日 17時00分
以前「消費税増税前の買いだめはよく考えて」ということが
ブログに書かれていましたが、
(そのときのブログはこちら
http://www.r-hiroba.jp/blog/index.php?p=13&no=234

最近、実感しているんです。

買いだめしているわけではないのですが、
つい気が大きくなっちゃって。

洗濯用洗剤の詰替え用、通常は1回分なのに、
2.6倍とか3.6倍とか、なんどか詰め替えることのできる
商品が売られてますよね。

   


それなんです。
振り返ってみると、大容量の詰替えを買うようになってから、
洗剤の計量が甘くなっているんです。
つい多めに入れてしまうのです。
そして、ボトルに戻すことなく、そのまま洗濯機へ。

在庫があると思って、安心してしまうんです。

大容量を買えば、買い物の手間も省けるし、
とても便利なのだけど、落とし穴がありました。

洗剤は多めにいれても、適量入れたときと
汚れの落ちは変わらないといいます。

これからは、気を付けてきちんと計量するようにします。(反省)

カップ麵、のびる

[nayuta]  2015年01月16日 17時00分
先日、防災グッズを点検していたら、賞味期限切れのビスケットが
出てきました。非常用持ち出し袋に入れて、そのままになっていたものです。
やはり、定期的に点検しないといけませんね。(反省)

賞味期限は、消費期限と違って、切れたからといって
すぐに食べられなくなるというわけではありません。
おいしく食べられる期限を表示しているからです。

そういえば、最近賞味期限を延ばす商品が増えているそうです。
例えば、カップ麺では製造後5か月から6か月に、
袋入り麺は6か月から8か月に延ばした商品が多いようです。
もちろん、安全性は確認してのことです。

   


これには、まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」を
減らす目的があるようです。
日本では年間500~800万トンの「食品ロス」がでています。
これは、世界の食料援助量を上回る数字です。

すごい量ですね。私たちはかなりの量の食品を
無駄にしているのですね。
ちゃんと消費期限や賞味期限を確認して、
捨てることのないようにするぞ!とあらためて決意。

さて、賞味期限が延びているのには、もう一つ理由が。
それは、災害用として家庭に備蓄しておく人が増えたから。
備蓄するためには、長く保存できたほうがいいですよね。
ということで、賞味期限が延びているのです。

せっかく延びた賞味期限。
おいしく食べられる期間内に上手にいただきましょう。

頑張る、イーオ!

[nayuta]  2015年01月09日 17時00分
あけましておめでとうございます。
今年も「ヨコハマRひろば」ブログを
よろしくお願いします。

さて、「ヨコハマ3R夢(スリム)」のマスコットが
イーオだということはご存じだと思いますが、
イーオをこんなところで見つけました。

   

何を怖い顔をしているのかと思って眺めていると、
電柱の裏には、「収集後や夜間等のごみ出しは禁止!」
との文字が。

   

どうやらごみ出しのマナーが悪いことを嘆いているもよう。
イーオは年末年始も、雨の日も風の日も
こうやって注意喚起をしているのです。

私たちもごみ出しのルールを守って
気持ち良い街にしていくようにしましょう。
イーオをこれ以上怒らせないように……。

これがプラごみ?

[nayuta]  2014年12月24日 17時00分
最近まで、ずーーっと悩んでいたことがありました。

これです。

 

なんで 悩んでいたのか、わからないと思いますが…
これを何に分別したらよいのかわからなかったのです。

持った感じは、ガラス製。
でも、プラマークがあるのです。

どう考えてもプラスチック製とは思えないし、
何かがおかしいと思いながら、よく見ると…

プラマークの斜め上に小さな文字で
キャップ、ポンプと書いてあるではありませんか!

 

な~んだ、そうだったのかと思いつつ、
きちんと分別して、処分することができました。(フー!)

わかりにくいプラスチック製容器包装。
年末なにかと忙しいですが、
マークとその周辺をよく見てきちんと分別しましょう。
最新  前の10件  1  2  3  4  5  6  7 ...  次の10件