ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

エコ・クッキング講座を見学! その4

[どなどな] 2013年03月18日 08時18分

今回も東京ガス横浜ショールームでの
「エコ・クッキング講座」の模様をお伝えしますよー。
 →その1はこちら
 →その2はこちら
 →その3はこちら

今回こそ、本当に調理実習の様子です!(笑)

「エコ・クッキング」らしく
水の使い方やガスの使い方などについても
環境に負荷をかけない方法のレクチャーがあり

「ちゃんとやれるかしら…」

と多少の緊張感を漂わせながら
皆さん調理場へと向かいます。

基本的には5~6人で班が構成されていて
A~Hまでの8班で実習は行われていましたよ。

最初は、緊張感があった調理場も
少し時間が経つと楽しそうな雰囲気に変わっていきます。

皆さん、公募で集まった方たちなので
基本的に初対面の方ばかり…のはずなのですが
和気あいあいです。

ただし、8班もあると、班ごとの個性が見てとれます。

綺麗に分担して作業している班

1か所に固まって、同じ作業をしていたり
人があまってしまっている班

誰か一人が仕切っている班

などなど。

それでも、料理そのものは慣れた皆さんなので
着々と作業は進んでいきます。

それにしても、実習が始まると美味しそうな香りが
一気に部屋の中に充満してお腹が減ってきますね…。

見学の身には、辛い時間帯です(苦笑)

作業が進むにつれて、時間に追われ始めると
少しずつ、各班によってエコ度に差が出てきているような気も…。

おっと、あそこの班は、水を流しっぱなしで
食器を洗っているよーな…。


向こうの班は、ガスの炎が鍋からはみ出てしまい
熱効率が悪くなっているように見えます…。


盛り付けについても

すごくこだわりをもって盛り付ける班

とりあえず、人数分に分けている班


…など、やっぱり、ここでも個性が…。

でも、料理そのものは、手順もシンプルなので
特に困っている班も出ることなく
全ての班でほどなく完成しました。



さぁ、いよいよ実食です!
 

私も、出来上がったお料理をいただきましたが

どれも美味しい!

野菜などの材料が共通のものが多く
正直、その辺をどう感じるのかな…と思っていたのですが
調理法、味付けなどの違いで
そんなことは忘れるくらいで、とてもバランス良く感じました。

もちろん、残さず完食です!

さて、これで講座も終了!

…と思っていたところだったのですが
実は、まだ最後のとある発表が残っていたのです。

次回で最後のその5に続きます!