ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ごみは減るけど…

[どなどな] 2012年07月26日 09時57分

先日、ちょっと気になる話を聞きました。

総務省の家計調査によると
2011年の1世帯あたりの書籍・雑誌・週刊誌の購入額合計
前年比4.1%減の1万3725円だったそうです。

前年割れは3年連続だそうで、この3年間での減少額は1713円。
週刊誌なら年間4冊分ほど減っている計算になるそうです。
たった3年なのに、この落ち込みの幅は危機的なものなのかもしれません。

確かに、私も新聞はとっていますが
雑誌の買う量は減ったような気がします
情報の多くがインターネット上にあるからです。

ただ、ネット上に散らばっている情報が
綺麗にまとめられていて利便性が高いのであれば
…と言った感じで雑誌なんかは購入しています。

少なくとも時間つぶしのために雑誌を購入することは
全く無くなったのではないでしょうか。

小説なども読まなくなったかもしれません…。

最近は、人気の作品はすぐに映画化されるので
その映像を見ることで、読んだ気になっていることも
多い…ような気がします。

本を読むということは、自分にとって
良いことだというのは分かっているのですが
いろいろと理由をつけて読んでいないのが現状です。

ただ、このような紙媒体離れが進んだことも一因なのでしょうか

近年、紙の排出量が(ごみもリサイクル用の資源も含みます)
減少傾向にある
ということなのです。

確かにごみは減りますが
次々と休・廃刊していく雑誌を見るのも寂しいですよね。

ただ、現在、電子書籍というものが話題になりつつあります。
タブレット型の端末や、スマートフォンの普及で
電子書籍が広がるための土台が固まりつつあるようです。

今後は、このブログで電子書籍などの話題にも
触れられればいいな…と思います。

もちろん、本をごみにしないための取組
「リユース文庫」の制度もご利用くださいね!

本が読みたくなったので、帰りにリユース文庫に
よってみるとしましょうか(笑)