ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [カテゴリ]リデュース活動

REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 2

[どなどな]  2014年05月07日 13時07分
の続きになります。
 
紆余曲折を経て、出来上がった映像は、こちらです。
 
 ※再生ボタンを押してくださいね!
 
「食品ロス」の削減動画を作ることが決まって
本格的に作成会議に入ったのは初夏の頃。
 
ヨコハマR委員会の中で、この動画作成プロジェクトへ
参加してもらえる方を募ったところ5名の方が
参加してくれることになりました。
 
その5名の委員と事務局が集まった最初の打合せでは
いくつかの食品ロスに関する映像を
委員の方に見てもらいました。
 
問題点を整理してもらうことと
どのような方向性の動画にするのかの参考にするためです。
 
映像を見終えた後に、すぐに内容についての議論となりました。
 
映像のターゲットを広げた方がいいのか。絞った方がいいのか。
 
絞るとするのならば、どのようなターゲットを考えるのか。
 
専門的な映像にするのか、子どもでも理解しやすいものにするのか。
 
衝撃的なドキュメント形式にするのか、コメディタッチにするのか。
 
映像の長さは…30秒?3分?10分?30分?
 
…などなど、規格的なことだけでも、議論は多岐に及びました。
 
さらに内容となると、一口に「食品ロス」と言っても
様々な切り口、取組、問題点などがあり
これについても委員の皆さんの間でも意見が割れました。
 
それは、このプロジェクトに参加している皆さん全員が
「食品ロス」という問題に対して、真剣に取り組んでいる
ということの現れでもあったのです。
 
もちろん、委員の皆さまの中には映像の専門家がいる訳ではないので
あまり細かく内容を決めすぎても、専門の方が来た時に作成する
映像の自由度を奪ってしまいます。
 
そこで、とりあえず、こちらとしては作品のイメージだけ
お伝えして、ここからクリエイターの方と
一緒に考えていこうということになったのです。
 
そこで、委員からお名前があがったのが、
社会問題に強い関心を持っているという
今回、映像作成に御協力いただいた
アートディレクターの芝さんでした。
 
事務局としては、お会いしたことがない
アートディレクターさんが、
凄く気難しい方だったらどうしよう…
と思いながら、次の会合を迎えたのでした。
 
(つづきます)

REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 1

[どなどな]  2014年05月02日 13時06分

RひろばMovieで放映されている

「REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~」

もう、ご覧になっていただけましたでしょうか。



ご覧になっていただけてない方は
こちらの再生ボタンを押してください(笑)

 

この動画は、平成26年3月に発表されたものですが
実は、企画そのものは、1年ほど前から始まりました。

平成24年度末に、次年度(平成25年度)ヨコハマRひろばで
「何をPRしていこうか」という話になった時に
真っ先に上がったのが「食品ロスの削減」でした。

この1枚の写真。

ヨコハマR委員会で報告されたこの写真の
全く手を付けることなく捨てられた食品の数々。

そのインパクトが
「『食品ロスの削減』を推進しなければ…」
という気持ちを強くさせたのだと思います。

さて、「食品ロスの削減」というテーマは決まったものの
どういった取組をしていけば良いのかという議論になった際に
上がってきたのが「啓発動画」でした。

やはり映像は、一番分かりやすく説明できる上
作った後も、色々な場所で使って行けます。

何より、このヨコハマRひろばウェブサイトに
来る皆さんに見ていただくことが出来る!

…ということで、啓発動画を作成しようと決定したのが
平成25年の5月のことでした。

ここから、本格的に動画制作がスタートしたのです!

(つづきます)

エコな旅行

[nayuta]  2014年04月25日 09時00分
 みなさん、旅行はお好きですか。
旅行は気分転換にもなってよいですよね。

 旅行の時、歯ブラシなどのアメニティグッズはどうされていますか。
ホテルや旅館に備え付けのものを使っていますか?
それとも、持参していますか?

 備え付けの歯ブラシなどは使い捨てになってしまいます。
なんかもったいないですよね。

 そこで、群馬県の伊香保温泉では、「先進環境温泉地」として、
多くのホテルや旅館で客に歯ブラシを持参してもらって、
使い捨て歯ブラシの節約を行っているそうです。
これによって、「環境の伊香保」をアピールし、
環境問題に関心のある客を呼び込んでいるとか。

    

 実は、このような取組を九都県市でもやっているのです。
九都県市とは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、
横浜市、川崎市、さいたま市、千葉市、相模原市のこと。

 これらの地域内で、アメニティグッズの持参をすすめるなどの
エコな活動をしているホテルや旅館をホームページで
紹介しています。アドレスはこちらです。
一度アクセスしてみて、エコな旅行を楽しんでください。

http://www.re-square.jp/3r/ecostay/list_yokohama.html

減る?増える?

[どなどな]  2014年04月11日 08時30分

現在、食品ロスをお話する際に良く引き合いに出されている

「日本では家庭での食べ残し等による
 食品ロスが年間200万~400万出ている」


という推計値は、2009年度の農林水産省の調査による数字です。

この調査は、2009年まで定期的に行われていたのですが
大きな変化が見られないため、2009年の調査が
最後になっていたそうです。

しかし、近年、食品ロス削減の機運が高まってきたと感じた
農林水産省では、5年ぶりに食品ロス統計調査を行う
ことにしたそうなのです。

東日本大震災を契機として様々なものに対して
「もったいない」という気持ちを
強く持つようになった人も多いと聞きます。

5年ぶりの調査結果が、どのように出るのか
注意深く、このヨコハマRひろばでも
見守っていきたいと思っています。

また、農林水産省では
食品ロスを削減するためのキャンペーンにも
力を入れていくそうなので
これを機に、さらに食品ロスが減っていけばいいですよね!

もちろん、ヨコハマRひろばでも
今後も食品ロスの削減を訴え続けていきたいと思います。
 


まずは、お買い物前にワンバナナですよ!(笑)
 ※お買い物時に空腹感があると余計なものを購入しやすいらしいので…。

 

短い爪楊枝

[nayuta]  2014年03月21日 08時30分
 先日テレビをみていたら、某スーパーのプライベートブランドの商品が
紹介されていました。

 そこのスーパーでは、「無駄なものを省く」をコンセプトの一つとして
商品開発をしているとのこと。
 そこで紹介されていたのが、「短い爪楊枝」でした。

 普通サイズより5ミリ短いそうですが、使うには支障がなさそう。
短くすることで、木材を無駄なく使うことができ、価格も安く提供できるそうです。

 このほかにも箱のないティッシュペーパー」もあり、捨てるときに分別しなくて済む
のでラクチン!と思ったのは、私だけではないのでは……。
 使っているうちにフニャフニャになって使いにくいのではと思ったあなたには、
別売りでティッシュケースも販売されているよう。自分のお気に入りのケースに
入れるのも楽しそうですね。

 もちろんこれも「無駄なものを省く」というコンセプトで開発されだものだとか。

 「無駄なものを省く」ことで製造過程でのごみを減らすことができるだけでなく、
私たちがこのような商品を選んで買うことで、さらにごみを減らすことができるのですね。

 お店で見かけたら、ぜひこのような商品を選んで余分なごみを出さないようにしましょう!

          










もったいない食品①

[らいす林]  2014年03月14日 08時30分
「食べようと思って買ったのに、つい忘れて、期限が切れて捨ててしまった!」
ということ、ありませんか?

我が家でも、そんな「手つかず食品」が出てしまいました。。

  

ご覧のとおり、「油あげ」「ローストビーフ」です。
食べようと思っていたのに、旅行に行っている間に期限を超えてしまいました。。

そのほか、納豆やもやしなど、期限が短い食品を「手つかず食品」として捨ててしまうことありませんか?
安売りでお得だと思って、たくさん買ったものが食べきれず捨ててしまったり。。

こんなもったいない食品を出さないような工夫を紹介しているパンフレットを横浜市のホームページにあります。



①必要な分だけ、お買い物!
②賞味期限や消費期限をチェック

などが紹介されています。(詳しくはこちら

「安い」と思って買っても、ごみとして捨ててしまったら損ですよね。
みなさんも、食品を買う時にほんのちょっと意識して、もったいない食品を減らしてみませんか?

RひろばMovie

[どなどな]  2014年03月06日 13時17分

ヨコハマRひろばウェブサイトのトップページ
ご覧になられた皆さまは
すでにお気づきかと思いますが
トップページの右上部分に
「RひろばMovie」という動画を放映する
コンテンツがオープンいたしました!

現在、この枠で放映しているのが
アートディレクターの芝哲也氏の御協力をいただいて
なんとヨコハマR委員会で作成した

「REDUCE THE FOODLOSS 小さな食卓の大きな話」



という食品ロスの削減を目的とした動画になっています。

動画はYoutubeでも公開されていて
こちらからでもご覧いただけますし
トップページの「RひろばMovie」枠のすぐ下の
「大きな画面で見る」 をクリックしていただいても
音声がついた大きなサイズの動画をご覧いただくことができますよ!

イラストや文字情報を使って分かりやすく
ポップな感じで「食品ロス」について説明している動画に
なっておりますので、是非とも皆さま、大きなサイズで
最後までご覧いただければと思います!

今後は、この「RひろばMovie」の枠を使って
他にも3Rに関係する動画を流していければと
考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

アピタ・ピアゴさんでレジ袋の有料化が始まっています!

[どなどな]  2014年02月26日 08時30分

2月20日からスーパーのアピタやピアゴを運営する
ユニーさんでも、全店におけるレジ袋の有料化が始まりました。

皆さん、ご存知でしたか?(記者発表資料はこちら [PDFファイルです])



もちろん、ユニーさんでも以前より
レジ袋の有料化は進めていたそうなのですが
この2月20日からは、全店有料化になったと言うわけです。

横浜市内では中山店以外は、レジ袋の無料配布店舗だったので
市民の皆さんに限って言えば
「レジ袋有料化」という感覚の方が強いかもしれませんね。

ユニーさんの各店舗でも、横浜市と協力しながら
マイバッグキャンペーンなどを行なっていたので
店頭でのキャンペーンをご覧になった方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、緑区の長津田店では、
3R夢(スリム)戦隊シボレンジャーグリーン
 ※緑区だから…グリーン…なんですよね、やっぱり(^-^;)
が登場するキャンペーンが予定されていたそうなんですが
残念なことに、降雪の影響で(15日に予定されていたんです…)
中止になっちゃったようですね(苦笑)。

必ず、改めてなんらかのキャンペーンを
アピタ長津田店でやるそうなので
その際には、シボレンジャーグリーンの登場に
ご期待くださいね!(笑)

ヨコハマRひろばでも
マイバッグの推進について進めてきた訳ですが
これからは、本当にマイバッグを常時持ち歩くこと
当たり前の時代になっていくのかもしれませんね。

 

読み終えた本、どうしよう…

[どなどな]  2014年01月31日 09時00分
みなさん、こんにちは。

今まで、電子書籍のお話を何度かこのブログでしてきましたが
実は、私も、まだまだ紙の本を良く読みます。

電子書籍の不便な点については
これまでのブログの記事でもお話していますので
そのような不満な部分を避けるために
紙の書籍を買うこともあるのですが
単純に紙をめくる感覚が好きだというのもあるんですよね。

さて、そんな紙の本ですが
読み終えると毎回ちょっとした悩みを抱えます。

それは…

読み終えた本、どうしよう…です。

とっても楽しい時間を提供してくれた書籍ではありますが
そう繰り返して読まないなぁ…と思う本もある訳です。

家に置いていても場所をとるけど、
だからといって本を捨てるのはもったいないな…
なんて、本の処分に悩むことがあります。

みなさんもそういった経験が、おありかと思います。

そんな時、利用していただきたいのが…

リユース文庫です!

リユース文庫とは、自分が不要な本を横浜市の図書館等に
あるリユース文庫設置場所に持ち込み、
その本を読みたいと思う、別の方が持って帰るという仕組です。

持ち込んだ本はごみに出さずに済みますし
その本を読みたい方に読んでもらえるのは良いことですよね?

私も利用したことがあるんですよ。

本を持ち込むだけでなく、
読みたい、おもしろそうと思う本を持って帰れるのが良いんですよね~

何より、本を無駄にせず、ごみとしない事が魅力です!


リユース文庫は各区の図書館などで行っているほか、
一部の区役所でも行っていますので
皆さんも利用してみてはいかがでしょうか。

取り扱っている場所や利用する際の注意事項は
下記のリンク先に書かれていますので、こちらをご覧下さいね。

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/reuse-bunko/

お弁当はマイ箸で!

[どなどな]  2014年01月24日 09時28分

林野庁の資料によると、
日本では1年間に約250億膳の割り箸が使用されている
…と言われています。

もちろん、割り箸は繰り返し使うものではないので
ほとんどが1回の使用で、使い捨てということになります。
1本1本は、大きなものではありませんが250億膳と聞くと
凄い量になりそうだなぁ…と思っちゃいますよね。

以前は私も、お弁当などを買った時に
何も考えずに、割り箸等をもらっていて
家に帰れば、箸があるにもかかわらず
割り箸を使っていたりしたこともありましたが
今では、割り箸は断るようにしています

さて、そんな不要な割り箸等の使い捨て食器類を
ごみにしないようにするため
株式会社スリーエフさんが、
実験的な取組を行っているのを皆さんご存知でしたか?

それが、株式会社スリーエフさんが運営する
「gooz」いちょう並木通り店行われる

お弁当などを買う時に割り箸等の使い捨て食器
「いらないよー」と言っていただいた方にスタンプを押す
…というキャンペーンです!

もちろん、分かっています。
重要なのは、スタンプを押してもらうと
どうなるのかってことですよね?(苦笑)

なんと7個スタンプをためる
「gooz」さんで販売している「goozコーヒー」が1杯無料
でもらえてしまう…ということなんです!

この寒い時期に、美味しいコーヒーが無料になるなんて
とっても嬉しいですよね。

「gooz」並木通り店は関内の日本大通にあるお店なので
周囲はオフィスが多いのですが
お弁当を買って、オフィスで食べている皆さんも
これを機に、マイ箸でお弁当を食べる生活に変えてみませんか?

 

最新  前の10件  ... 2  3  4  5  6  7  8  9 ...  次の10件