ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ドロップを使用してみました!2

[つのでゅー] 2013年12月13日 13時00分
みなさん、こんにちは。
 
先日ご紹介した「ドロップ」について、ごみが減るんですよ!とお話させていただきましたが、

実際にごみはどれくらい減るんだろう…?と思い、ドロップを使用した際に重さを量ってみましたのでご紹介します。

※こちらも併せてご覧ください。
1 マイボトルドリンク「ドロップ」
2 ドロップを使用してみました
 

重さのお話をする前に、ドロップは12種類の味がありますが、

今回は「焦がしキャラメルコーヒー」味を飲んでみました。

専用ボトルにドロップをセットし、容器をつぶすと…

キャラメルの甘い香りが漂い、周りの人も「良い香りがする~」と大変好評でした。

また、お湯を注ぐと、より甘い香りがしました。

味の方も、香りほど甘過ぎず、コーヒーの苦みと調和して、とても飲みやすかったです。

ちょっとオシャレなものを飲んでいる気分でした(笑)

また他の味を飲んだ際には感想をお伝えします。

 
それでは、本題に入りますね。

今回はポーションの重さと併せ、ポーションと同じ280ml容量の

ペットボトルとの重さを比べてみました。




見た目ではペットボトルの方が重そうに見えるのですが、どうでしょうか!


まずは、ポーションの重さを量ってみます。



重さは…



3gでした!


続きまして、280mlのペットボトルの重さを量ってみます。



重さは…



26gでした!

重さを検証した結果、ペットボトルよりポーションの方が

23gのごみが減る
ことがわかりました!

1日に23gのごみが減るという事は、1日1つずつと仮定して、

7日間で161g、1か月(31日)で713gのごみが減る計算になります。

つまりポーションを1か月間使用した場合のごみの重さは、

ペットボトル約4本分と同等になんです♪



ちなみに、大きさも測ってみまして、ドロップが5㎝なのに対し、ペットボトルは15㎝でした。



3分の1の大きさなので、ごみを出す際もかさばらず、すっきりですね♪


計量してみて正直、ここまで重さに違いがあるとは思いませんでした。

また、実際に計量し数字で見ることで、ごみが減らしている実感がありますし、

更にリデュースに取り組んでいきたいと感じました!

今後も、おもしろそうな数字シリーズがありましたらご報告いたします♪