ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [カテゴリ]マイボトル

マイボトルと合わせてお持ちください

[きむ]  2014年10月03日 11時08分
前回、マイボトルスポットで実際にコーヒーを購入した様子をブログに投稿しましたが、
今回は、マイボトル関連で気になる商品がありましたのでご紹介をします!
それがこちら…
 

ティーパックです!!

……ふつーですね(笑)


「これを入れて、マイボトルを持ち歩けば、ゴミの削減になる!」
という記事を書くと思いますよね?

結論から言うとその通りです!(笑)

ただ!
 
今回ポイントとして示したいのは、商品のパッケージのです!
先ほどの写真を拡大してよく見てみますと…
 

このように、実はパッケージでマイボトルの利用を推進しているのです!
意外と気づかないかもしれませんが、マイボトルをPRしてくれています。

しかも

裏面を見てみると丁寧に…
 

マイボトルを利用した際の作り方も載せてくれていますね。
 
みなさんもご経験があると思いますが…
夏場(もう秋ですが)、マイボトルに冷たい飲み物を入れたのはいいものの、午前中に飲み干してしまい(私)、結局午後にはペットボトル飲料を購入してしまう(私)なんてことはありませんか?
これを職場等に置いておけば、そんな風にペットボトル製品を買うことも減るかもしれないので、お財布にも環境にも優しいのでいいですよね!(ペットボトルも冷たくて捨てがたいですが…)
 
ちなみに!
 
今回紹介した商品以外にも…
 

粉末タイプの商品や…
 

紅茶のティーパック等でも、マイボトルを使った飲み方を紹介している商品がありました!
 
企業の方も、マイボトルの推進に貢献してくれているのですね!
 
そんなわけで(ここから結論ですよ!)
 
みなさんも職場やお出かけの際は、マイボトルと合わせてティーパックを利用してみてくださいね(笑)。

マイボトルスポットへ行ってみよう!

[きむ]  2014年09月26日 10時25分
みなさん、こんにちは。


 
前回、こちらのマイボトルスポットのマップについてご紹介しましたよね?
その兼ね合いで、今回は実際にマイボトルスポットへ行き、飲み物を購入してみました!

まずは…

 

空のボトルであることを確認して…


我らがマスコット「イーオ」とともに…
 

いざ、お店の中へ入店!!
 
(私)「あ、あの、このボトルにコーヒーを入れたいんですけど(小心者な性格です)」
 
(店員さん)「そうしましたら、後ろのセルフコーナーでご自由にお入れください」
 
(私)「わ、わかりました」
というぎこちない会話をし、料金を支払い、コーヒーを入れ、そそくさと退店(小心者なので)。
 

無事、マイボトルでコーヒーを手に入れることができました!
これで、コーヒーカップ1個分のリデュース活動をしたことになりますね


イーオも仁王立ちで喜んでくれています!!(笑)
 
さらに…
 
こちらの店舗では、マイボトルでコーヒー等を購入すると…
 

なんと10円割引にもなるのです!
 

10円引きですよ!!

ゴミのリデュースに貢献できた上に、割引もされて一石二鳥!
 
もっと言えば…
 
マイボトルは紙のカップに比べると保温性が高いものが多いので一石三鳥ですね!!
 
「ごみを出さない(リデュース)・割引がされる・保温性もある」
 
そんな良い事づくしのマイボトルスポット。みなさんも利用してみてはいかがですか?

(マイボトルへの飲料提供時の割引については、店舗ごとのサービスです。事前にご確認の上、ご利用をお願いします)

ドロップを使用してみました!2

[つのでゅー]  2013年12月13日 13時00分
みなさん、こんにちは。
 
先日ご紹介した「ドロップ」について、ごみが減るんですよ!とお話させていただきましたが、

実際にごみはどれくらい減るんだろう…?と思い、ドロップを使用した際に重さを量ってみましたのでご紹介します。

※こちらも併せてご覧ください。
1 マイボトルドリンク「ドロップ」
2 ドロップを使用してみました
 

重さのお話をする前に、ドロップは12種類の味がありますが、

今回は「焦がしキャラメルコーヒー」味を飲んでみました。

専用ボトルにドロップをセットし、容器をつぶすと…

キャラメルの甘い香りが漂い、周りの人も「良い香りがする~」と大変好評でした。

また、お湯を注ぐと、より甘い香りがしました。

味の方も、香りほど甘過ぎず、コーヒーの苦みと調和して、とても飲みやすかったです。

ちょっとオシャレなものを飲んでいる気分でした(笑)

また他の味を飲んだ際には感想をお伝えします。

 
それでは、本題に入りますね。

今回はポーションの重さと併せ、ポーションと同じ280ml容量の

ペットボトルとの重さを比べてみました。




見た目ではペットボトルの方が重そうに見えるのですが、どうでしょうか!


まずは、ポーションの重さを量ってみます。



重さは…



3gでした!


続きまして、280mlのペットボトルの重さを量ってみます。



重さは…



26gでした!

重さを検証した結果、ペットボトルよりポーションの方が

23gのごみが減る
ことがわかりました!

1日に23gのごみが減るという事は、1日1つずつと仮定して、

7日間で161g、1か月(31日)で713gのごみが減る計算になります。

つまりポーションを1か月間使用した場合のごみの重さは、

ペットボトル約4本分と同等になんです♪



ちなみに、大きさも測ってみまして、ドロップが5㎝なのに対し、ペットボトルは15㎝でした。



3分の1の大きさなので、ごみを出す際もかさばらず、すっきりですね♪


計量してみて正直、ここまで重さに違いがあるとは思いませんでした。

また、実際に計量し数字で見ることで、ごみが減らしている実感がありますし、

更にリデュースに取り組んでいきたいと感じました!

今後も、おもしろそうな数字シリーズがありましたらご報告いたします♪

ドロップを使用してみました!

[つのでゅー]  2013年11月29日 13時00分

みなさん、こんにちは。

前回は、飲料メーカーのサントリーさんと、マイボトルなどを製造しているサーモスさんが

共同で開発した「こだわりのおいしさを専用マイボトルで時間が経っても楽しめる、次世代飲料」

マイボトルドリンク「ドロップ」についてご紹介しました。

今回は、実際にドロップを使用してみましたので、ご紹介します。

(前回の内容はこちらをご覧ください。)


用意するものは、ポーション、専用ボトル、お水又はお湯の3点です。

では、早速使ってみたいと思います!


1、ポーションの外装ラベルをはがし


2、専用ボトルのふたを開け


3、ポーションをボトルにセットします


4、ボトルのハンドルを持ち上げ


5、ポーションに触れるまで持ち上げます。


6、そのまま、ハンドルをポーションに押しつけ、ポーション内の液体をボトルに出します


7、つぶれたポーションを取り出し


8、ボトルにお水又はお湯を黄色い線までいれ


9、完成です!


実際に使ってみると、ちょっとした工夫がされていて、ポーションをつぶした後に

液体がポーションの表面に付着しないよう、穴を空ける場所に工夫がされていました。

些細なことですが、ポーションを取り出す際に手が汚れなくて便利でしたよ♪


また、私は「HOTでおいしいオレンジ」のポーションを飲んでみましたが、

ボトルにお湯を入れた際にオレンジのさわやかな香りが広がり、

香りも味も楽しめました。

ボトルも3時間かけて飲んでみましたが、最後まであたたかさが続いていました。


ここまでお読みいただいた方の中には、「すでにマイボトルを持ってるけど試してみたい!」

という方もいらっしゃいますよね。

そんな方に朗報です!

現在、数量限定で「お試し用簡易オープナー」が置いてありました!


これで、ご自分のカップやマイボトルでドロップが試すことができると思います!






これから、他の味も飲んでみたいと思います♪

今後も使用の体験談などを報告していきますね!

マイボトルドリンク「ドロップ」

[つのでゅー]  2013年11月22日 13時00分
みなさん、こんにちは。

今回はテレビCMでも放送されている、マイボトルドリンク「ドロップ」についてご紹介します。

ドロップとは、飲料メーカーのサントリーさんと、マイボトルなどを製造しているサーモスさんが

共同で開発した「こだわりのおいしさを専用マイボトルで時間が経っても楽しめる、次世代飲料」


コーヒー類や茶類、果汁など全12種類の専用密封濃縮飲料のポーション専用のボトル(280ml)が開発されました。

【ポーション】


【専用ボトル】


このドロップは二つの特徴があり、一つ目はポーションの容器が独自開発され、

缶やペットボトルの飲み物では使用しづらい果物などの原料を使用でき、

飲む直前まで素材の味や香りが損なわれないそうです。


もう一点、専用のボトルは、おいしく飲めるよう保温機能はもちろんのこと、

香りが楽しめるように、飲み口が広く作られています。



そして、何より大切なことが…

ごみを減らすことができます!

飲み物をペットボトルからドロップにするだけで、ごみが4分の1に減り、

缶にいたっては、10分の1に減るそうですよ!


ごみが減ることだけでも良いことですが、更においしく飲めるのはよりうれしいことですね♪

ドロップは11月5日から神奈川県のほか東京・千葉・埼玉のセブンイレブンさんで販売されているそうです。


「どんなものだろう?」と気になっていただけた方もいらっしゃると思いますので、

実際に使用してみました!

次回はドロップを使用した様子をご紹介します。

おたのしみに♪

マイボトルでおいしいコーヒーを

[いずみーる]  2013年10月18日 13時00分

市内で現在、140か所ある「マイボトルスポット」。

その中で、登録されているチェーン系カフェの一つである、

「スターバックスコーヒー」さんで、マイボトルを使ってコーヒーを買ってみました♪


今回、私が持参したマイボトルは、350mlの保温性のあるタイプ





レジで、注文した後、
「これに入れてください!」とお願いすると・・・



ちゃんと氷も入って、ボトルの容量ぴったりに入れていただきました!
コーヒーの容量とボトルの容量が、ちょうど合うのか・・・
少しドキドキしながら注文したのですが、ちょうど良かったようです♪


そしてそして・・・
マイボトルを持参したので、うれしい20円引き!!


レシートを確認してみると・・・
ちゃんと表示されていました!マイボトルの値引き!





やっぱりお得ですね♪

そして今回、もう一つ気になっていたのが、保温性のあるマイボトルで、
どのくらいおいしさが保たれるのか!?だったのです。

飲み始めて、約6時間。。。




なんと、まだ氷も溶けることなく、残っていました。
長時間冷たいまま、おいしいコーヒーが楽しめて、さらに値引きもあるので、
一石二鳥ですね(^_^)v

ほかにも、「マイボトルスポット」に登録しているカフェさんがあるので、
今度また、行ってみたいと思います♪



 

フードポットで保温調理

[つのでゅー]  2013年08月09日 13時00分

みなさん、こんにちは。


前回のブログでお知らせしたとおり、

今回は、フードポットを保温調理器の替わりとして、

こんなものを作ってみました!



トマトリゾット…というより、トマトリゾット風のスープ雑炊とでもいいましょうか。

美味しそうですよね?

自分で言うのもなんですが、美味しいです


作り方は、とっても簡単です。

余りの細切れ野菜をさらに細かく刻んで(玉ねぎ、ピーマン、茄子など)、

生米を適量(大さじ1杯ちょっとくらいでしょうか…)をフードポットに入れ、

ここに熱いお湯を適量入れておきます。

トマトジュースにコンソメとお水を少し足して沸騰させた

スープベースを作ったら、フードポットのお湯を捨てて

スープベースを注ぎます。

終わりです。

簡単ですよね!

ご飯を炊いておく必要がなく、生米でOKです!

スープベースを沸かす時間を入れても

ものの5分もあれば準備OKです!


さて、前回の記事で保温効力が6時間で57℃

とご紹介しましたが、今回はもう少しこの辺を詳しく説明しますと、

保温効力というのは家庭用品品質表示法によって

決められているもので、

「室温20℃±2℃において2時間以上開栓して放置した製品に

付属の中栓をしたときの中栓の下端まで沸騰水を入れ

湯の温度が95℃±1℃になったときに、

その製品付属の中栓等をした後、一定時間放置した場合のその湯の温度」

…らしいです。

要は95℃のお湯を容量ギリギリに入れて

6時間置いておいても57℃ありました

…ということのようですね。

もちろん、この時の内容物はお湯ですから、

スープ類のようなものを沸騰させていれれば

100度以上の状態で容器に入れられますので

さらに高い温度で保持される…はずです。


なので、保温による調理が出来ると言うわけですね。

そんな訳で、少しだけ余らせてしまった野菜に合わせて、

味を和風や中華風にすると、毎日楽しめます!


もちろん、冷たいものも良いので

夏にはビシソワーズのような冷製スープや、

デザートとして杏仁豆腐なんかを

持ってくるのも良いかもしれません!

お腹を壊した時に食べるものって困りますよね…。

[つのでゅー]  2013年07月30日 18時42分

みなさん、こんにちは。


暑い日が続いていますね。

冷たいものを飲み過ぎて、お腹を壊したりしていませんか?

お腹を壊したりすると、困ることがあるんですよね。

それは、職場での、お昼ごはんです。


おかゆ…とか、具だくさんで煮込んだスープとか、

お腹にやさしいごはんを、なかなか周辺のお店で見つけることが出来ません。

仕方なく、カップスープなどを買ってきて

飲んだりするのですが…。
 

そんな中、とっても良いものを見つけました!

フードポットです。

私が持っているフードポットは350mlのものですが、

説明書によると、

保温効力が6時間で57℃とのこと。

なので、ここに余ったご飯と、だし汁を入れておくと…

お昼には、おかゆになっています!

体調の悪い時には、このおかゆが染みわたります…。

そんな訳で、おかゆです。



朝の7時くらいに、あまりご飯と

すりおろし生姜を加えた鶏ガラスープ入れて

12時に蓋を開けた訳ですが、ちょうど良い温かさ…でした。

アツアツ…ではなかったですが、

食べやすい温かさになっていました。


さて、このフードポット、カップスープなどを利用しないことで

不用な容器ごみを出さないという点だけでも

立派にごみをリデュースしているのですが、

先ほど、おかゆの作り方を紹介した通り

食材と熱いスープを入れておくと、

保温されている間に調理してくれるという利点があります。

つまり、野菜スープなどを作る時に

あまり野菜などを小さく切って、

そこに熱々のスープベースを入れておくだけで

お昼には、ちょうど野菜スープになっているのです!

夕食や朝食などで、料理に使い切れず、

少しだけ余ってしまった野菜などを

とにかく刻んでスープをかけて

持ってくれば、身体にもお財布にも環境にも優しい

スープが出来上がると言う訳です!

一石二鳥。いや、三鳥ですね!

少しだけ余ってしまった野菜って

なかなか使い道が無くて

結局捨てられてしまったりすることも

多いのではないでしょうか。

今回は、職場で…というお話をしましたが

もちろん、ご家庭で、お一人でお昼ごはんを食べる

…なんて時にも、ミニ保温調理器として使えたりしますよ!

次回は、実際にこのフードポットを使って

作った料理を紹介したいと思います!

海外でもマイボトルの波が…。

[どなどな]  2013年04月22日 09時38分

先日、安倍首相が、予算委員会でマイボトルを持参していた
…ということで、話題になっていたそうです。



発売元には、同じものが欲しいという問合せも
たくさんあったとか。

でも、その商品は3~4年前発売のもので
今では入手困難らしいですね。

その頃から、マイボトルを使っていた…と
いうことなのでしょうか。

さて、そんなマイボトルですが
海外でも日本製のマイボトルが人気なのだとか。
某通販大手さんの海外のページでは
日本製のトラベルマグ…という
ステンレス製のタンブラー型マイボトルが
絶賛されていました。

絶賛の声は、保温面と内容物が漏れないことに
集中しています。

素晴らしい水筒だ!

…ということをおっしゃってる方もたくさん。
1300件以上のレビューがついているって凄いですよね。

やはりアメリカのコーヒー文化があるからでしょうか
一番、レビューが多いのが、タンブラー型ですが
日本でも良く見かけるスリムタイプのマイボトルなども
評価は高かったです。

このようなボトルが一般的になるならば
海外からのお客さんのためにも

日本でもマイボトルの拠点を
増やして行かなければなりません!

そんな訳で、ヨコハマRひろばで進めている取組
マイボトルスポット」をご覧いただいて
皆さんも、マイボトル生活を始めてみませんか。

いろんなマイボトル

[クリキンディ]  2013年03月28日 08時30分

最近、お店には本当にたくさんのマイボトルが売っていますね。
機能や色や形など、たくさんありすぎて迷ってしまう方も多いようです。

そんな中、とにかく「軽さ」を重視する方の中には、ペットボトルをきれいに
洗って、マイボトルとして再活用する方もいらっしゃるようです。

保温性はなく、また、衛生管理に配慮が必要ですが、手軽に飲み物を持ち運べる
容器として、高齢者を中心に人気のようですね。

また、詰替用シャンプーのようなパックに飲み口が付いたタイプの商品を
見つけました。

折りたたみできるボトル

とても軽くて、飲んだ後は折りたため、もちろんきれいに洗えば繰り返し
使えますね。
 

さらに先日、ヨコハマRひろばに、都筑区の河村さんからこんなアイディア
寄せられました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

  私は、和菓子の くずもち についている 黒蜜 を入れている小さな容器
 マイボトルとして使ってます。

  縦11センチ 幅5、5センチ 厚さ1,8センチ 容量80㏄
 薬を飲むための水、緊張をほぐすための水分として、ウーロン茶など入れてます。

  厚さが薄いので、入学式など、正式のバッグで、プログラムなど入れる
 外側部分のバッグスペースに入ります。2本持ち歩くと160㏄で、牛乳ビン1本弱、
 十分役立ち、かさばりません。

  近頃は、すぐ電車が止まることが多いですが、車内に閉じ込められることになっても、
 水分補給できると思うだけで、精神的に落ち着きます。
 
  黒蜜 1回の使用だけで、捨てるのはもったいないです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

一度使っただけで捨てるのは「もったいない」という気持ちをきっかけに、
ぴったりなマイボトルが見つけられたようですね。



みなさんも、リデュースリユースなどを通じてごみを減らすアイディア
浮かんだら、ぜひ「ヨコハマRひろば」に送ってくださいね。

また、ごみを減らしていくためのアイディアの実現に向けた支援も行っています。

これまでにヨコハマRひろばが支援を行った取組については、
こちらをご覧ください。
http://www.r-hiroba.jp/torikumi/index.html


アイディアの提供や、取組支援のご希望については、こちらからどうぞ!
ヨコハマRひろば https://www.r-hiroba.jp/toiawasef.html