ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

傘袋

[nayuta] 2015年09月25日 18時00分
雨の日に憂鬱なことの一つは、濡れた傘
満員電車では、他の人に傘があたらないように
(自分にもですが)気を使います。
建物の床も、濡れて滑りやすくなってしまいます。

それを防ぐために、建物の入口にはビニールの傘袋や
水切りをする装置が置いてあったりしますが、

こんな傘袋もあるんです。

それが、これ

   

いらなくなった傘の布を再利用して、作られたものです。
傘の生地なので、防水性もバッチリです。

ビニールの傘袋は、一度使うと捨ててしまいますが、
これなら何度も使えます。

ビニールの傘袋といえば、1回しか使わないのはもったいないと、
こんな使い方をしている方もいらっしゃるそうです。

それは、一度使われた傘袋を再使用すること。
新しいものより袋に傘が入れやすいそうです。
確かに袋に入れるのに手間取ることってありますよね。

青葉区役所では、このように表示をして、
再利用を呼びかけています。

   

私たちもリデュースを忘れずに、
身近なところから行動していきたいですね。