ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ついに登場!食品を無駄にしない冷蔵庫!

[nayuta] 2015年10月29日 10時00分
10月に行われた「シーテック ジャパン2015」で
とうとう登場しました。ニュースで取り上げていたので、
見た方もいると思います。

対話できる冷蔵庫を!
どんな対話ができるのかというと、
例えば冷蔵庫に豆腐が入っているかと尋ねると
あるかないかを答えてくれます。
つまり、冷蔵庫を開けずして、中身がわかるのです。

さらに期限の近い食材があると、「ハムの期限が、明日だよ」と教えてくれます。
また、それを使ったレシピも提案してくれます。

また、買いたいものを伝えると、買い物メモを作ってくれ、スマートフォンで
見ることができます。

この冷蔵庫をうまく使えば、食品を無駄にすることなく、使い切ることが
できますね。あるものを重ねて買うこともなくなりそうです。

横浜市では今、「冷蔵庫10・30(イーオ・ミーオ)運動」を展開中です。
毎月10日と30日に冷蔵庫を確認し、消費(賞味)期限の近い食材や、
肉・魚・野菜など傷みやすい食材はないかなどをチェックし、
食材を使い切るよう呼びかけています。

もうすぐ30日がきます。冷蔵庫を確認してみてはいかがでしょう。


 


そうそう、冒頭に書いた冷蔵庫、10月30日に発売予定です。
詳しい内容は

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/151006-b.html