ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

カップ麵、のびる

[nayuta] 2015年01月16日 17時00分
先日、防災グッズを点検していたら、賞味期限切れのビスケットが
出てきました。非常用持ち出し袋に入れて、そのままになっていたものです。
やはり、定期的に点検しないといけませんね。(反省)

賞味期限は、消費期限と違って、切れたからといって
すぐに食べられなくなるというわけではありません。
おいしく食べられる期限を表示しているからです。

そういえば、最近賞味期限を延ばす商品が増えているそうです。
例えば、カップ麺では製造後5か月から6か月に、
袋入り麺は6か月から8か月に延ばした商品が多いようです。
もちろん、安全性は確認してのことです。

   


これには、まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」を
減らす目的があるようです。
日本では年間500~800万トンの「食品ロス」がでています。
これは、世界の食料援助量を上回る数字です。

すごい量ですね。私たちはかなりの量の食品を
無駄にしているのですね。
ちゃんと消費期限や賞味期限を確認して、
捨てることのないようにするぞ!とあらためて決意。

さて、賞味期限が延びているのには、もう一つ理由が。
それは、災害用として家庭に備蓄しておく人が増えたから。
備蓄するためには、長く保存できたほうがいいですよね。
ということで、賞味期限が延びているのです。

せっかく延びた賞味期限。
おいしく食べられる期間内に上手にいただきましょう。