ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ワールドカップと、ごみのマナーと、香川選手

[きむ] 2014年08月01日 12時00分
みなさん、少し遅いですがワールドカップが終わりましたね!!(笑)
 
毎年ワールドカップの時期になると様々なニュースが流れますが、
個人的に引き寄せられるものがありまして、
それは「渋谷スクランブル交差点」の映像です。

信号機が青になるや否や、一斉に駆け出す若い方々と、
それを制止しようと準備している警察官の方々(興味のある方は調べてみてください)。
日本人は、世界に比べると落ち着い民族性があるように言われますが、
この映像を見ると「日本人も世界には負けてない」と思ってしまいます。

もちろん、一線を越える行動はだめですが(苦笑)

 
さて、今回は別に「日本人ってどんな民族?」とか「日本は何故負けてしまったの?」とか
「香川真司選手はマンチェスターユナイテッドに残れるの?」とか、そういう記事を書きたいわけではなく(笑)
日本人サポーターが、初戦敗戦後にスタジアムのごみを拾っていたというニュースを紹介したいと思っております。
 
みなさんも、ニュース等で目にされていると思いますが、
日本人サポーターがスタジアムのごみを拾うシーンが放送され、
世界的に高く評価されています。世界のサポーターの中には、自国が
敗戦して大暴れする人もいる中(勝っても暴れますが)、

日本人のマナーが評価されたのは誇るべきことですね!

 
今回このニュースを紹介したのは、別に「明日から町のごみを拾いましょう」と言いたいわけではなく、
そのマナーの姿勢に学ぶべきものがあると思ったからです
 
ごみの分別や不法投棄、ポイ捨てなど、残念ながら市内でも
マナーの悪さが話題になることがあります。
ルールを守ることで、個々人に目に見えるメリットはないように見えますが、
一人一人のマナーの姿勢が向上することで3R(リデュース・リユース・リサイクル)が
推進されるのだと思います
。せっかく日本のマナーの良さが世界でも
評価されたので、我々も日ごろの生活に反映できるよう見習っていかなければならないですよね!!
 
ということをお伝えしたかったのです。
 
今回は、若干「諭し」のような物言いになってしまい申し訳ありませんが、
可能であれば、みなさんも自分のマナーについて考えてみてくださいね!
 
あと、香川選手がマンチェスターユナイテッドに残留できるよう祈りもお願いしますね!(笑)