ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

そんなに多いのか!

[きむ] 2014年05月30日 13時02分
リユース文庫ご存知ですか?
 
横浜市の図書館や区役所等に設置してある、いらない本の交換スペースのことです。
いらなくなった本を市民が入れて、欲しい人がそれを持って帰る、綺麗な本は図書館の貸出文庫として再利用されるリユースの仕組みの事です。
詳しくは、横浜市のホームページを
 http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/reuse-bunko/

自分もつい最近まで知らなかったこの仕組み、年間どれくらいの本が集まってると思います?
その数なんと
 
年間約15万冊!!
 
ビックリですね笑。古本屋で一冊10円で買ってもらえたら、150万円にもなりますね…すみません余談です。
 
さて、ここからが本題。
本が再利用されているこの仕組み、一体どんな効果があると思いますか?
 
まず、いろんなお金の節約になりますね。本を古紙として出さないことで、収集の費用が削減されるし、古紙をリサイクルする費用がなくなる。本を読みたい人も、お金を払う必要なく楽しめる。一石二鳥ですね。

それから、リデュースにも貢献できる。「何か本を読みたいな」という人が、リユース文庫を見つけて、その本を読み、満足してピカピカの新品本を買わなくて済むかもしれないですよね(つまりリデュースですね)。
 
ちょっと考えてみてもいろんなメリットがありそうです。
 
ただ、当然デメリットもあります。読みたい本が常にあるわけではないですし、本が破けていたり、本が劣化していて読みづらくなっていたりと。その意味で、新品の本を買い快適に読むというのも正しい選択だと思います(読み終わったらリユース文庫へ持ち込めば良いわけですし!)。
新品には新品の良さがありますので、うまく使い分けできれば、いいのではないかと思います。
 
いずれにしても、自分なりの方法でリデュースに貢献できればよいと思います。

「小さなことからコツコツと!」「塵も積もればなんとやら!」

みなさんの努力が集まれば、大きなリデュース効果を生むわけですからね。
というわけで、機会があればリデュース文庫を活用してみてください!