ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 5

[どなどな] 2014年05月16日 13時08分
前回までのお話は、こちらから
 
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 1
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 2
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 3
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 4
 
インフォグラフィックス
     &
モーショングラフィックス

 
これが、今までの全ての要素をつなぐ
映像手法として
アートディレクターの
芝さんが提案されたものでした。
 
ここまで、このブログを
ご覧になっていただいた皆さんでしたら
出来上がった映像をすでにご存知かと思います。
 
…ご存知ですよね?(ニッコリ)
 
まだ見てないという方は、こちらからどうぞ!(笑)

 
 
 
デザイン化された文字や
情報をイラスト化したものが
動きを交えることで
イメージを伝えやすくなる…というものです。
 
あ、もちろん既に見ていただいているはずなので
説明するまでも無いとは思いますけどねっ!

 
 
さて、それはともかく(笑)
 
 
最初に動画を見た時に思ったことは
 
「カラフルでテンポがいいし、オシャレな感じ!」
 
ということでした。

 
情報を提供するという面から見ると
文書に例えるなら箇条書きのように
私達が皆さんにお伝えしたかったことが
次々と画面に現れるのです。
 
しかし、そこはイラストや文字が効果的に
配置されて動くだけでなく
声優さんの効果的なナレーションや
情報を提供する流れの構成の自然さもあり
文章よりも早くイメージ化することが出来るのです。
 
時間にして5分程度の動画ですが
出来上がりを見てみると
 
私達が皆さんに伝えたかったことは
ほとんど網羅されていました。

…やっぱりプロは違う。
 
そう思わずにはいられませんでした。

 
ただ、私達の中でもテンポが早すぎないか
オシャレな映像過ぎて伝わらないのではないか
 
…という意見も確かに出ました。
 
 
しかし、映像を外部の方に見てもらうと
 
「とても新しいタイプの啓発映像だ」
 
と多くの方に言ってもらうことが出来たのでした。

 
 
これならイケる!
 
 
私達は思ったのです。
 
 
その後は、細かい調整や文言の修正を行い
こうして、皆さんの前にお出し出来る形となりました。
 
いや、まぁ、私なんかは、ほとんど
何もしていない訳ですが(苦笑)
色々な方の思いとご協力の上で出来上がった
 
REDUCE THE FOODLOSS 
~小さな食卓の大きな話~
 
ぜひとも多くの方に見ていただきたいので
皆さんも、YouTubeの動画などを
他の方に広めていただけると嬉しいです。
 
一人ひとりが、ちょっとずつ気をかけることで
ごみも、家計も3R夢…スリムになります!
 
そんなことに気がついていただける切っ掛けに
この動画がなったらいいな…と思っています。