ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 4

[どなどな] 2014年05月13日 13時08分
 
前回までのお話は、こちらから
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 1
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 2
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 3

出来上がった映像は、こちら


「お茶の水女子大学に行きましょう」
 
 
アートディレクターの芝さんから
連絡があったのは、夏も終わりの頃。
 
 
あ の お茶の水女子大学に行けるだって!?
 
 
…でも、何しに?(^_^;)

 
アートディレクターの芝さんは
食に対しての知識を掘り下げることで
映像イメージを明確にするために
 
 
に協力してもらうことにした…ということでした。
 
 
このochasさんは、食物栄養学科の方が立ち上げた
食についての活動されているサークルで
食についての知識も豊富なのだとか。
 
 
そういうことであれば、私も行かねばいけません!

 
 
いえ、決して、ただ女子大に行きたかった…

 
ということではないんです!
 
 
ええ、あくまで映像のためです!
 
 
厳しいセキュリティチェックがあり
重厚な建物内の教室に通してもらう間の
激しい場違い感を感じます…。
女性しかいません…(当たり前)
 
教室に入ると、女子大生の皆さんが
十数名いらっしゃいました。
笑顔で迎えていただき、少々ほっとする私。
 
さて、ここでも芝さんが中心となって
ニューロン発想法を行うことになりました。
 
 
面白いことに、同じテーマで行っても
だいぶ話の方向性が違ってくるのです。
 
専門的な保存方法についての知識の話や
一人暮らしならではの疑問点だけではなく
無駄のない料理レシピまで話が及びます。
 
もちろん、意見が委員会での会議と重なるところもあり
少しずつ、全体的なストーリーラインと
絶対に伝えたい部分が固まってきたようにも感じます。
 
そして、ここから先は
いよいよ芝さんが映像制作に入ります。
 
今までの会議がどのような形になるのか
ドキドキしながら待つ期間に入るのです。
 
(つづきます)