ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 3

[どなどな] 2014年05月09日 13時07分
前回までのお話は、こちらから
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 1
REDUCE THE FOODLOSS ~小さな食卓の大きな話~ が出来るまで 2

出来上がった映像は、こちらから
 


さて、初めてアートディレクターの芝哲也さんを迎えての会議当日。
 
どんな芸術家肌の方が来るのかと
ドキドキしていた我々の前に現れたのは
とっても柔和な笑顔を浮かべた、大変お若い方でした。
 
そして、どのように映像の話に入っていこうか…と考えていると
 
「今回、ニューロンという新しい発想法を使って
 打ち合わせを進めたいのですが」
 
…と、芝さんからご提案を受けました。
 
「今度、この発想法で書籍も出版するんです」
 
とも聞いて、断る理由はありません(笑)
 
 
どんなことが始まるのかと思っていると
芝さんが取り出したのは
メモ用紙と色とりどりのサインペンでした。
 
そして、芝さんからは
 
「皆さんが、食品ロスと聞いて頭に浮かぶことを
 このメモ用紙に○○分までに書いてください」
 
と、急に言われ、一斉に書き出す私達。
思いつくままに、文章にもなっていない言葉を
書き連ねていきます。


 
その後は、その記入したメモ用紙を使って
カードゲームをするように
それぞれが意見を述べ合うというものなのですが
 
詳細は、ニューロン発想法のサイトを御覧ください(笑)
 
自分でも気が付かなかった自分の意見みたいなものも
発見できて、だんだんと映像の全体像が見えてきた感じでした。
うーん、面白い手法だな…と改めて感じます。
 
でも、伝えたいことが、たくさんありすぎて
この映像はまとまるのだろうか…と不安も覚えました。
 
伝えたいことがたくさんあって
老若男女問わずに訴えかけられる
特にターゲットを絞らない映像…そんなことが出来るのでしょうか。
 
手応えもあり、少しずつ明確になってきた分
その道の困難さを感じることもあり…そんな日でした。
 
(つづきます)