ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

本場まつりに「食品ロス」啓発ブースが出店されました!

[きむ] 2014年11月14日 16時30分
 

 
10/26(日)9:00~14:00、横浜市中央卸売市場本場にて開催されました「横浜市場まつり2014」に、食品ロス削減の啓発ブースが出店されました。
 
こちらのおまつりは、毎年秋ごろ開催されており、30,000人を超える人が足を運ぶ大規模なイベントです。新鮮な海産物や野菜、お肉等を購入できますし、丼物や汁物などが出店で販売されているため、当日は会場を埋め尽くすほど多くの人が来場されていましたよ!
 

食品ロス啓発ブースでは、食品ロスに関するクイズカードを配付し、回答者に抽選器を回していただいて、啓発グッズをさしあげるという内容で啓発を行いました。表面にはクイズ(写真左側)、裏面には食品ロスに関する啓発チラシ(写真右側)が印刷されており、参加者は裏面を参考に回答を考えるという仕組みになっています。
 

 回答いただくと、抽選を受けて啓発グッズがもらえるのですが、この抽選器がこのブースのとなりました。
 
というのも
 
ただ「食品ロスの削減にご協力を!」と訴えても、中々足を止めてはくれません。
そこで、まずはこの抽選器を目玉にして、人に集まってもらい、すかさずクイズカード(先ほど説明したもの)を渡し、食品ロスの現状について知ってもらおうという作戦なのです!
食品ロスについて啓発するための「呼び込み材料」として抽選器を活用したというわけです。
 
 
 また、当日は混雑することが予想されていたので、抽選を待つ間にも啓発ができるよう、食品ロスに関するパネルの展示を行い、並んでいる人への啓発もぬかりなく行いました。写真でもおわかりかと思いますが、目を向けてパネルを読み込んでくれる人も多くいらっしゃいましたよ。
 

 ただ、誤算もありまして(汗)
ご覧いただくとおわかりになるかもしれませんが、人が多い(非常に)。私たちが予想していたよりもはるかに多く、一時クイズを中断する場面もありました。
 

そこで、クイズ中断中はパネルによる啓発のみ行ったのですが、立ち止まって聞いてくれる人や貴重なご意見をくれる人など、直接来場者の方と会話することで、こちらとしても勉強になるよい機会になりました!

クイズの一時中断などのアクシデントもありましたが、それだけ多くの方へ食品ロスに関する啓発をすることができたので、出展は大変意義のあるものになったと思います!
 
 
最後に…
今回のお祭りは海産物やお肉、野菜など新鮮な食材を買いに来る人が多いおまつり。「不要な食材の買い過ぎは食品ロスにつながります!」というのは大変心苦しかったです(笑)。次回はそのあたりも考慮したブース設定をしてまいります。

機会があれば、みなさんもぜひ来年足を運んでみてくださいね!