ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

フードポットでリデュース!

[つのでゅー] 2014年01月10日 13時00分
みなさん、新年明けましておめでとうございます。

今年もヨコハマRひろばをよろしくお願いします!
 

さて、以前フードポットのご紹介をしました。

フードポットを使うことで市販のカップスープで出るごみを削減できるほか、保温調理機能があるとお伝えしました。
→以前の記事はこちら
 
今回は実際にフードポットを使ったらどれくらいのごみが減るのか検証してみましたので、ご紹介します。
 
検証方法は、カップスープを飲み終わった後に出るごみの重さを測ってみました。

 

早速、近所のスーパーでこの寒い季節にちょうど良い豚汁のカップスープが販売していたので、

その中で一押し商品だったカップスープを選びました。

(カップスープによって外装フィルムや容器の大きさが異なりますので、その点ご了承ください。)

 
豚汁をおいしくいただいたあと、出たごみの種類は、外装フィルム、カップ、ふた、

味噌が入ったフィルム、具材が入ったフィルムの計5点でした。



 
カップにごみを積めてふたを閉め、はかりに載せてみたところ‥
 


重さは‥
 
23gありました!

 
何日も連続して豚汁を飲む事は少ないと思いますが、仮に5日間これを1日一回飲み続けると、

合計で115gになり、一ヶ月(31日)だと713gにもなります!


一回分にするとそんなに多く感じないかもしれませんが、二回、三回…と続けていくと

かなりの量のごみがでていることがわかりました。

フードポットでも、野菜やお肉など包装された商品を買った場合にはごみがでますが、

小分けに包装されているカップスープに比べると、でるごみは減るのではないかと思います。


とはいえ、カップスープは時間がない時にすぐに食べることができ便利です。

私もお昼に時間のない時はカップスープを利用しています。お湯を入れるだけで出来上がりますし、

種類も豊富で自分の好みを選ぶことができていいですよね。

それで時間のある時は、せっかくなら不要なごみを減らしたい!と思いフードポットで調理しています。

でも、「時間がある時に」と自分で書きましたが、そもそもフードポットで調理するとどれくらいの

時間がかかるんだろう?と思い、今回比較した豚汁を作り調べてみました!
 
その様子は次回お伝えします。
       
お楽しみに♪